大東京トイボックス (8) (バーズコミックス)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
4.20
  • (52)
  • (53)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 433
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344824645

作品紹介・あらすじ

「デスパレート・ハイスクール」の高速化Pを完成させたスタジオG3。「デスハイ」は飛躍的な進化を遂げ、SW執行調査部の妨害工作を見事、退ける。そんな中、アデナウアーの素性を探る為ドイツに渡った仙水。しかし、その動きを察知した手負いの獣は、遂にその狂気をあらわにする…!! ソリダス内部で起きるクーデター、失脚の仙水、そして太陽の覚悟とは……!?
マンガ大賞2012で第2位を獲得した熱血ゲーム業界群像劇の最新刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「システム屋の派遣なんて代わりがいくらでもいるだろうに」
    ってクリリン(と俺ら)のことかーーーっ!

  • 当然の如く、面白くて燃えはするけど、やっぱさいきんの流行は政治モノなのかな。
    そして、「敵」がいることにやはり違和感があるわー。擬人化しなきゃ物語にはできないんだろうけど、そして勝つことができないからなんだけど。
    あと、リリースしてないから当然だろうけど、モモちゃん以外には「客」がいないんだろうか。というか、「客」から離れていることこそが、いちばんの問題なんだろうな、そしてそれが、描かれているというフウに読むべきか。な。

  • 今巻も絶賛、読後の気分的には★×10くらい付けたい。

    相変わらず全体を通したストーリーと1巻内での緩急の付け方が巧い、しっかりクライマックスで泣かせていただきました。

    毎巻思いますが、物語の大枠はちゃんと決まってるはずなのに、人気のソーシャルゲーム等も話に組み込んで時代の流れをちゃんと取りこぼさないのは流石としか言いようがありません。

    卜部の本当の狙いは、仙水は彼のルーツにたどり着けたのか、デスハイは果たして発売まで辿り着けるのか⁉

    物語はついに核心へ向かう!
    そんなわけで早くも続きが待ち遠しい!

  • アデナウアーは気味悪いけど、大ラスに向かって盛り上がってる感じがする。

  • 幻冬舎

  • 今回は社内政治がメイン。にしてもアデむかつく

  • いよいよ物語は佳境に、次巻が楽しみです。

  • 漫画の記録、どうしようかと思ったけど、連続で読んだものは最後の巻だけ登録することにする。前テレビでオリラジ・あっちゃんが紹介して以来、読みたいと思っていたもの。旅先のブックオフで1~8巻まで一気読み。面白かった。2ヶ所泣いてしまった。この8巻のラストは良かった。マサが試験受けに来たとこも。ところどころおかしいというか、説明不足と思ったら、東京トイボックスってものがまずあったのね。それも読まなきゃ。

  • このシリーズは本当に面白い。

    一つのゲームを作るなかに、さまざまな人の思惑、力が絡み合ってくる。
    熱いだけでなく、クールなだけでもない。

    テンポはあまり良くないが、それをあまりある、ストーリーとキャラクター。

  • 最後の最後、G3が追い詰められたとき、花ちゃんが電算花組の全スタッフを好きに使ってくれと言い切ったとこで、ぶわわって泣いた。
    私、花ちゃんが好きみたい。笑。
    花ちゃんかっこいい!
    仙水さんもガンバ!!!

全28件中 1 - 10件を表示

プロフィール

<b>うめ</b> 
原作担当の小沢高広と、作画担当の妹尾朝子からなる実力派漫画家ユニット。代表作は「スティーブズ」「大東京トイボックス」。電子版絵本「ねこにこねこ」も好評発売中。

<b>小沢高広</b>
わりと細かい夫。原作&料理担当。漫画原作の他、「劇場版 マジンガーZ /INFINITY」の脚本なども手がける。ゲームとロボットと日本酒を愛する。
<b>妹尾朝子</b>
基本ざっくりな妻。作画&洗濯担当。
ちばてつや賞出身で、青年漫画誌を中心に活躍。華奢な外見を裏切る、数々の武勇伝を持つ酒豪。とにかく猫が好き。

大東京トイボックス (8) (バーズコミックス)のその他の作品

うめの作品

大東京トイボックス (8) (バーズコミックス)に関連するまとめ

大東京トイボックス (8) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする