たくらみはやるせなき獣の心に (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 角田 緑 
  • 幻冬舎コミックス
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344825246

作品紹介・あらすじ

射撃への興味以外なにも持たない元刑事・高沢裕之。菱沼組組長・櫻内玲二のボディガード兼愛人となり夜毎激しく櫻内に愛される今も、高沢は己の気持ちを自覚していなかった。ある日、菱沼組と友好関係にある岡村組が中国系マフィアに襲われる。事件の陰に自分に想いを寄せる西村がいると知った高沢は動揺、櫻内の瞳には昏く獰猛な炎が生まれ!?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たくらみシリーズ#3

  • ★3.0。シリーズ3。何がショックって、受に執着してると思ってた西村がいつの間にか琳君とフラグ立ててる事…。受に会うために身を堕としたという西村の境遇と心の内に肩入れしてたので、良き当て馬としてせめてもう一度成り上がって活躍して貰いたい私。西村と受の関係性萌えとしては、二人の過去編のSSで余計切なくなってしまった。受の方はもう西村より攻を選んでる感じだけど、西村のためにもっと葛藤して欲しいなあ。でないと西村かわいそうで…。あ〜駄目だ、私は攻より西村が好きっぽい。

  • 『たくらみは美しき獣の腕で』
    『たくらみは傷つきし獣の胸で』
    ⇒『たくらみはやるせなき獣の心に』
    『たくらみは終わりなき獣の愛で』

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2002年デビュー。多くの人気シリーズを持ち、著作は200冊以上におよぶ。

「2016年 『おたすけ幽霊カフェ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たくらみはやるせなき獣の心に (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

愁堂れなの作品

ツイートする