あんたの愛を、俺にちょうだい (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 神奈木智
制作 : 金 ひかる 
  • 幻冬舎コミックス (2012年6月14日発売)
3.15
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344825451

あんたの愛を、俺にちょうだい (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013年3月

  • 会話文が多く、会話で話が進む印象を最初は抱いてしまいましたが、そんなことはなく読みやすかったです。
    実は爽は、慧樹は優一のことが好きだと思っているんじゃないか、とも考えていましたが、きちんと自分に向けられている好意に気が付いていてあの態度なのね、なんて思ってしまいました。そこに悶々とする慧樹を見ているのが楽しかったですけど。
    付き合い始めてからの爽の溺愛っぷりも見ていて面白かったです。
    そのうちリバになってみても良いんじゃないかと思います。

  • 綾乃ちゃんがかわいいです。

  • お話は面白かったです。恋愛に関してはちょっと物足りない感じはしますね。辛い二人の過去のお話もサラッと流している程度で、深く掘り下げていないので、すこしライトな感じ?のお話になってますね。今まで女性相手に色々やんちゃしていた受がいきなり男に一目惚れって辺りでちょっと違和感を感じるんだけれど、今まで愛された事のない慧樹は次に本当に人を好きになったら愛しぬくって決めてあったみたいだし、出会いは一目惚れでもまぁいいか!と思いましたけれど。綾乃ちゃんが可愛かったですね~♪

全4件中 1 - 4件を表示

あんたの愛を、俺にちょうだい (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

神奈木智の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あんたの愛を、俺にちょうだい (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする