トリガー・ハッピー 3 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 冬乃 郁也 
  • 幻冬舎コミックス
3.38
  • (1)
  • (10)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344827899

作品紹介・あらすじ

可愛いのに凶暴な高校生・羽田義経は、神奈川県警の美形刑事・片桐庸と恋に落ち、幸せで甘々な毎日を送っている。片桐の自宅でのスパルタ教育のおかげで、期末テストで大幅に成績アップとなった義経。喜んだ義経の両親が片桐を夕飯に招く。両親の前で好青年ぶりを発揮する片桐は、こたつで鍋をつつきながら、義経を刺激してきて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相も変わらずイチャコラ、イチャコラ…。お腹いっぱいになりました。少しずつ片桐の不穏な過去がチラチラしだしましたが、やっぱりイチャイチャです。次回の書き下ろしで最終、ストーリーがあるギリツネを楽しみにしてます。でも次は何時になるのかな…

  • 次が最終巻ですか!
    どうなるんだろう?!

    相変わらず片桐のツネへの愛情の深さ、ツネの片桐への陶酔感。
    えちシーンもふんだんで。

    でも、今までと違ってちょっとどこか暗めな背後を背負いながらの話が進むので手放しでにやにや出来ない。
    続き物のなせる技で、まるごと1冊をどこか黒いシミを残したまま終わらせられるって。
    ただ1年以上待たされる身としてはwwww

    最終巻楽しみです!
    ☆3.6

  • それぞれの未来と過去に怯えつつ愛し合うシチュエーションって萌える。
    お互いを想い合ってるから余計にオオオーってなる。
    最終巻は来年か…どう決着するか楽しみです。

  • (感想)

    片桐庸(刑事)×羽田義経(高校生)


    私は同人誌のほうに手を出していないので
    今回も新鮮に読ませていただきましたvv

    はい、今回もバカップルといいましょうか、ラブラブエロエロな内容でした。
    (それが読みたくて買ってるからいんですけどね。)

    一番のお気に入りは片桐嫉妬の「恋人が眠ったあとにうたううた」
    片桐の大学同時にして警視庁の蓮城に羽田が
    軽いチュ~をされたことから始まります。
    それを見ていた片桐に何か言われるのかと思っていたら、
    平然としたいつもの態度。
    「ちょっとくらい妬いてくれてもいいのに」なんて思ってた羽田の思いは
    後になって嫌というほど身体に教え込まれるのでした(笑)

    あとはバレンタインでのチョコバナナも、
    ありきたりだとは思いますが
    このバカップルめ!!な気持ちで楽しく読めましたvv

    でもだんだんとお話も片桐の過去に向けて繋がってきてる感じがします。
    それが次巻のラストに続くのですが
    作家さんがあとがきに述べていた
    「予想外の方向(でもハッピーエンド)」というのを楽しみに
    来年まで我慢します。

  • まあもうほんとに、より崎谷先生、って感じです。読める気分の時と読めない気分の時があります。

  • 『トリガー・ハッピー(1)』
    『トリガー・ハッピー(2)』
    ⇒『トリガー・ハッピー(3)』

  • 相変わらず元気な二人^^;エロエロ・甘々でお腹いっぱいって感じ・・・だったけど今回は読んでいて切なくなった。ラストの件。。。何か起こる予感・・・次回で最終巻との事。かなり期待できそう。

全8件中 1 - 8件を表示

トリガー・ハッピー 3 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする