大東京トイボックス (10) (バーズコミックス)

著者 : うめ
  • 幻冬舎コミックス (2013年9月24日発売)
4.32
  • (48)
  • (43)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :328
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344829114

大東京トイボックス (10) (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完結。

    アデナウアーとの決着。
    仙水が太陽に固執する理由。
    そして、太陽の見据えた先。

    綺麗に着地した感がある良い結末だったと思う。

    1番好きなシーンは、とある裏コマンド。
    …あそこはグッときた。
    この物語の核みたいなものが詰まってた気がした。

    終わりであっても物語の世界は続いているような印象を受けた、いい作品だった。

  • 再読。と思ったら、読んだの8巻までだったみたい。1~10巻一気読み。面白かった。花子が世話になった印刷屋さんに助けてもらうとこ、マサが試験を受けにくるとこ、隠しコマンドで「スペシャルサンクス 天川太陽」が出てくるとこは涙涙。最後、天川と月山が結婚して良かった。つーか、子どもができるようなこと、ちゃんとしてたんだな。依田さんとアベマリが結婚したのにもびっくり。年の差があり過ぎなんじゃないの。そうでもないか。あ、今見たら9歳差だった。まぁありか。皆幸せな最後で良かった。ゲームには詳しくないけど、好きな人ならもっと楽しめるのかな。でも本好きとして、表現の自由と模倣犯というか、犯罪者との関係は非常に興味深いところだ。仙水の言葉はほんと名言だと思う。「ゲームというのは何時間も 場合によっては何十時間もかかります。他人の人生をそれだけ拘束しておいて何も残らないようなモノなどいったい何のために作るというんです?」ほんと百田モモのようにストレートに生きれたら。でも空気はちゃんと読めるんだよな。最後のおまけ漫画も、表紙がゲームソフトのようになってるとこも、東京トイボックスを継いでいて嬉しい。

  • 最終巻。ゲームとの関連性は薄い展開だが、結構夢中になれた結末までの展開だった。

  • 幻冬舎

  • 最初はどうかな?と思ったけど、いい終わり方になった。面白かった。

  • おぉ〜これは凄いな。綺麗に終わらせたもんだ

    仙水との友情が熱い

  • ゲームは全くやらないけれど、テーマが面白かった。
    仙水、かっこよかったし~♪ドラマも楽しく拝見しております。

  • ★4.5

  • みんなハッピーとはいかなかったけど、堪能しました。仙水さんの子供のころの約束を違えぬ友情に、ぐっと感動しました。
    本の長さといい、物語の内容といい、絵の構成といい、すばらしい本でした。

  • いい終わりだったんじゃないかと思う。

    最初の方ちゃんと読んでなかったから今度読み直したいな。

全24件中 1 - 10件を表示

大東京トイボックス (10) (バーズコミックス)のその他の作品

うめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

大東京トイボックス (10) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする