三日月にけだもの (バーズコミックス リンクスコレクション)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
3.03
  • (1)
  • (7)
  • (16)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 85
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344829190

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/05/19
    こわいよ。
    なかもっちゃんw

    なかもっちゃんの言葉少なすぎる感じ
    笑えました。

  • チンピラ風パティシエ見習い21歳 なかもっちゃんこと中元と、信用金庫トップの成績を誇るイケメンのきっちーこと萩内貴智 26歳。

    結婚を考えていた彼女がその気全くなく二股かけていて成績トップを続けて来たことにも疲れを感じていた時に、つい万引きをしてしまい、それを見ていたチンピラ風の男に脅迫紛いで襲われて…。


    出会いこそ最悪でしてが、なかもっちゃんは一目惚れでナンパ、完全付き合っていると思い込み。
    言葉も悪いし乱暴なところもあるけれど、割とロマンティックなところもあって、この二人なかなか良い関係ですよね。


    「心舞うたび」本好きで人と関わる事が苦手な圭はクラスの人気者の旭晴海に声をかけてもらい本の話をするようになって…。クラスの男子が賭けをしていたと気付いたけれどとっくに気持ちは旭に傾いていて…すれ違いからの再会もの。
    ありきたりな話ですが、高校卒業後の話は良かった。オーナーいい人ですね。


    「もう一度恋をしようか」小さな劇団の演劇仲間から始まった恋と、その後の再会もの。

  • 作家さん、初コミック。表紙のイメージで中を見たらちょっとびっくり。パティシエ×リーマン、高校の同級生同士、人気俳優×出版社の営業の3作品。高校生同士のお話が一番だったかな… 別れた後からの話しが切なくて好きでした。ちょっと絵が独特で表紙のまんまな感じだったら良かったなぁと思いました。今後に期待です。

  • 絵が美人さん。ギャグなのもあり。エロいのもあり。なかなかです。

  • 著しく絵の成長がみられます!旧いものは目玉おばけでビックリしちゃった…。
    3作品が掲載分と描きおろしではいってます。表題はガラ悪いパティシエのなかもっちゃんと営業マンのきっちー。真面目に生きることに疲れ、万引きしてしまった所を見ていた なかもっちゃんに脅され強姦されてしまう。が、実はそれは口実でどストライクだった きっちーをナンパしたかっただけだったとゆーww
    ガキでチンピラでサカってばっかの なかもっちゃんだけど、記念日にケーキ作ったり…謝りたくてスリスリしてきたり…照れ隠しに暴れたり…可愛いすぎるだろッ!!w
    お仕置きに2週間放置する きっちーは素晴らしいS受だとおもう♡
    トラジさんのエロシーンすきだな。コマ数すくなくても満足度高い。

    心舞う〜は珍しい展開なわけじゃないんだけど、描きおろしが加わることで本当のハッピーエンドになったと思う。同級生って近すぎて幸せなことばかりじゃないなって、うるっときた。旭が圭に気がついてくれてよかった。。

    もう一度〜は一緒に役者の道を目指した2人が明暗に分かれてしまってからの話。2人ともずっと好きだったのに7年も離れてしまって。いつも自分から言い出せなかったナオの言葉を秀治が口にしてくれるから。つい甘えちゃうナオが可愛かった♫

    なんこかある4コマ?がクオリティ高いと思う 笑
    キャラへの愛情が伝わってくるね♫

  • 表紙買いして、ちょっと思ってたのと違った気がしてしまったので。表題作は、とても繊細できれいな絵柄で好みでしたが、ストーリーが好みからずれていました…出だしからついていけなかったというか、繊細な絵柄なのに、攻が青くて凶暴で引いてしまいました。読み進めると、全然そんなことなくてけっこうかわいかったりするんですけどね。キュンとできる展開ではあると思います。
    多分好みと感性の違いですね。

    正体不明のなかもっちゃんにあることで脅され、身体を奪われてしまった信金の営業きっちー。きっちーは順風満帆の平穏な人生を歩んでいるように見えて、かなりストレスたまった毎日を送っているのです。でもストレスばかりじゃなく、若くてチャラいなかもっちゃんにむりやり身体まで奪われてしまって。

    なかもっちゃん、肝心なことを説明していないのでおびえてしまうんですよ。蓋を開ければ、胸キュンなんですけどね。しかし、突然の凶行は怖かったです…そのテンションが理解不能でした。

    「心舞うたび」は、10年愛。学校の人気者と地味な子。こちらはわりと好みの切ないストーリーでしたが、絵が不安定で新作とはかなり違う印象。
    「もう一度恋をしようか」は、劇団員同士のやはり切ない恋の話。一緒に頑張って、恋人同士でもあった二人が、徐々に目指していたことに差がついてしまい、結局別々の道を歩むことになってしまうのですが、何年後かに再会します。こちらもベタですが、収録作の中では一番感性が合った作品でした。

    どんどん絵は上手くなっているようなので、後はストーリーにもうちょっと説得力があって、キャラに魅力が出せたらステキになるのでは。
    次回作に期待します!

  • ちょっと表題は勢いについていけなかったけど、他2作はよかった。とくに、投稿作だったという「心舞うたび」の続編「心揺らぐたび」が切なくてよかった。

  • キュンキュンです。どのカプも好き〜

  • 初コミックスの作家さん。 投稿作含め3作入っていて、それぞれ描きおろしを追加。 絵柄の変化と漫画としての完成度が上がっていく過程が楽しめる一冊♪

    表題作は初めてキャラクター先行で描いた作品という事で、中元(攻)、かなり先走ってたなぁ( ̄∀ ̄) いきなりレイプから始まったような関係だけど、丸く収まってビックリ(笑) い、いいんだ?きっちー…
    初っ端からエロくて驚いたし展開がかなり強引だしまだ全体的に粗いけど、魅せるチカラがある気がする! キャラの表情や仕草が可愛くて憎めないし、話も何か後を引く(笑)

    『心舞うたび』は投稿作で一番絵が違う。 ハピエンだったのに続編の出だしが不穏で(´;ω;`)ってなった(泣) でも描きおろし、良かったなぁ〜。 珍しい展開じゃないのに、オリジナリティを出すのが上手いんだと思う。
    人気俳優×元劇団員の映画雑誌編集者の『もう一度恋をしよう』は一番薄味だったな…(笑)

    描きおろしのタイトルが言葉遊びぽかったり、所々で惹きつけられる作家さん。 今後が楽しみだなぁ♪ 個性的なキャラを操縦できたら凄く面白くなりそう(笑)

  • 表題作が少々ぶっとんでいるような気がします。

全10件中 1 - 10件を表示

三日月にけだもの (バーズコミックス リンクスコレクション)のその他の作品

牛込トラジの作品

ツイートする