マジで恋する千年前 (リンクスロマンス)

著者 :
制作 : サマミヤ アカザ 
  • 幻冬舎コミックス
3.41
  • (1)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344829978

作品紹介・あらすじ

平凡な大学生の真生に訪れた突然の出来事-それは平安時代へのタイムスリップ!なんと真生は、波長が合ったからという理由で、陰陽師・安倍晴明に心と身体を入れ替えられてしまったのだ。さらに真生は、思う存分現代生活を満喫したいという晴明のわがままにより、三カ月の間平安時代で彼の身代わりをする羽目に。最初は無理だと断るものの、晴明が残した美貌の式神・佐久に命じられるまま、祈祷や予言から痴情のもつれ(?)に至るまで、あるゆる思考をフル回転させなんとか晴明のふりを務めあげる真生。そんななか、次第に真生は自分をさりげなく支えてくれる佐久に惹かれはじめるが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安倍晴明の式神・佐久×心と身体を入れ替えられた・真生。期間限定異世界トリップもの。表情や感情が見えない佐久が真生と係わっていくうちにだんだんと気持ちを育てていく過程が良かったと思います。佐久が最後の方ではもうダダ漏れ状態で、でもちゃんと言葉にしてくれる素直な部分が可愛いなぁと思ったし、真生もすれてなくて一生懸命で可愛かった。最後に出てきた清明がいい性格で楽しく、現代編が凄く読んで見たいので続編希望!

  • まさかのMK1000、笑。
    最後までキスできない状況に、受け攻め同様焦らされました~。なので、解禁後(入れ替わり終了後)、いきなりディープキスのそのままなだれこみHへ。濡れ場も一回だけだけど、いつもの様に生々しく甘々だったので満足。しかし、佐久(攻め)の晴明への比重ぶりが前半と後半でこうも変わるか笑。受け攻め両方、自分の気持ちに正直すぎてキュンキュン赤面ものでした。

  • タイムトリップもの。とても松雪センセらしい設定で面白かったです。
    平安時代に飛ばされた大学生の真生。現代を覗き見たかった陰陽師の阿倍清明に心と身体を入れ替えられてしまい、わけもわからないまま清明のふりをしなければいけなくなってしまいます。
    そんなパニック寸前の彼を助けてくれるのが式神の佐久です。
    人外である佐久との淡い交流から始まる胸キュンな恋にときめきました。
    人外で、式神で、しかも異空間にいる相手への想いが、どう育まれ成就するのかが見どころでした。
    そして、平安時代と現代のギャップであれこれ妙な事件が勃発するのにもハラハラさせられるし笑えるしで、中だるみなしでした。

    ラブ面では、真生そのものが飛ばされてくるんじゃなくて魂だけが入れ替わっている状況なので、外見は清明であるというとてももどかしい状況。本当の自分の姿でも佐久の心は変わることがないのか、またどうやって異空間の相手と相思相愛になるのか、いろいろドキドキさせられました。


    …でも、心配していたよりずっといい感じに丸く収まっています。というか、ゆるーくまとまってるw
    そのツッコミようもないところがトンでもなくて、またいいんですよね。
    エロ的には、いつものセンセよりもかわいいかなと。
    ホントの姿で!と思っている真生の気持ちがちゃんと叶えられているHだったので、そこはよかったです。

  • ごく普通の大学生が、安倍晴明と魂が入れ替わって、気が付いたら平安時代…とかトンデモ設定ですが、色んなツッコミを忘れて読めば、普通に楽しめる気がします。
    何となく『なんて素敵にジャパネスク』とか『ざ・ちぇんじ』とかライトな歴史ファンタジーを彷彿とさせます。
    晴明に召喚されてまだ3年足らずで人間慣れしていない式神の佐久とおぶおぶの大学生真生。
    恋に初心者のふたりが、大真面目に恋していく様はほほえましいです。未経験ゆえの駆け引きゼロの超ど直球で佐久がグイグイいくとことか、寒いから添い寝(色々無自覚)が結構地味にきます。
    最後は安倍晴明もろともまるっと現代に来ちゃうエンドとか…へぇ~(。´・ω・)?て思わなくはないけど。
    え、でもこの人って式神で人間じゃないですよね?とかいう冷静さはこの際捨てて読むべし!!

  • ★3.5
    勝手に3か月間魂入れ替えちゃう安倍晴命。トンでも設定です。
    式神・佐久(攻)と真生(受)がだんだん魅かれあっていきますが、いかんせん身体は晴命のままでは勝手も出来ず。自分が好かれているか不安な所も良く分かります。
    晴命編も読みたいですね。

    表紙で攻め受けが分からず更に身体は晴命なので、はじめは戸惑いました。

  • ★3・4
    松雪さんらしいヘンテコ設定なお話で、ツッコミ所が満載でした(笑)結局晴明が現代に来てそのままの能力が使えるとか、佐久と真生も一緒に居れるだとか都合良すぎ(苦笑)2人のあのせつない葛藤や決意はなんだったんだ(笑)なんかあっさりしてて物足りない部分もあったので、現代編とかあれば読んでみたい。

  • 佐久さんの後半でれでれなのが面白い。これは清明編に続くのかな?

全7件中 1 - 7件を表示

マジで恋する千年前 (リンクスロマンス)のその他の作品

松雪奈々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする