トーチソング・エコロジー (3) (バーズコミックス スピカコレクション)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
4.09
  • (41)
  • (43)
  • (28)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 434
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344830196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯の「ついに完結‼︎」でえぇっ!「もう」の間違いじゃないの?(T_T)と表紙めくると一頁めがカバーの下⁈いろいろやってくれるじゃないの。翼を峻と呼ぶとか峻が独白後、光に向かっていくとか峻が「だっせぇ」というとこ。涙出た。そして吉田さんか。ダークホースだったな。苑もあの女の子も幸せそうだしいいね。背表紙もまたいい。もう少し見ていたかったな。

  • 一巻の不思議な感じ、続きが気になってとても面白い
    二巻はヒロインが嫌な子に描かれすぎて辛い
    三巻で、とりあえずみんなを幸せにして終わらせたかったみたい(打ち切り?最初の予定と違う結末にさせられた?普通の幸せが一番というようなことを言いたかった?)
    一巻の伏線が回収されず、放り出された感があって残念でした
    親友に似ている新しい友達なんか、裏設定のみ小出しで終わってしまう
    主人公たちは、ポッと出の新キャラとそれぞれくっつくのですが
    それまで性格が深く描かれていないキャラ達のため、
    読者の思い入れが薄い状態でハッピーエンド?となり、
    置いてけぼり感がありました

  • 売れない俳優がちょっとずつ有名になっていく話。
    という本筋(?)はどうでも良くて、後悔とか、悩みとか、迷いとか、優しさとか、愛とか、なんかそういうのに満ちている。

    みんな、誰かに自分を見つけてもらいたい欲がある。

  • なんかこう、寂しさの琴線に触れてくるので、外に出て誰かと繋がりたくなりますね。もっと色んな人に出会いたいなとも。それで、最後にそこそこ幸せだったと思いたいなと。
    恋愛的ではなく人生を考えて胸キュンする漫画だった…。ろまんちっく。
    苑ちゃんが幸せそうでよかったです。歌ってる彼女は綺麗だなー。そして女性陣かわええ。
    全巻通してスーがモテモテ、どんどんイケメンになっていった。目の保養。

  • 3巻で完結するような物語だとは思っていなくて驚いたけれども、最後は、幽霊含めみんながそれぞれの居場所や幸せに巡り会ってはっぴぃえんどだった。それがほっこり嬉しかった。

  • 不思議。
    そして登場人物が魅力的。

    スーが役者として有名になって、
    でも相変わらずナチュラルで、
    すっかり魅了されちゃった。

  • 強かな鈍感さとか弱い図々しさが、ただの毎日を変化させていく。
    そんな優しい時間の流れを、ぬるっとつるっと描いてしまう。
    いくえみ綾っぽいなあ、という。作品。

  • 主要なキャラクターみんな好き。
    上映されている映画と挨拶をしている時の役者さんの髪型がかなり変わってて違和感を感じる(私あるある)をマンガで見事に感じさせられて、勝手に感心しています。
    ファンタジー(?)なのにリアルで快作だと思います!

  • 完結。この作者さんの作品に出てくる女性陣はどうもいつも好きになれなかったのだけど、今回に限っては、途中はいろいろありましたが…前向きな登場人物たちがそれぞれ魅力的。
    スーが役者としてだけでなく、どんどんいい男になっていく。女も男も大人も子供もそりゃみんなスーに惚れちゃうわ。幽霊含め、みんなが良い形で自分の道を進んだ結末。爽やかな読後感

  • 知人に借りて読破。
    色々とテーマが詰まっている感じがした。
    楽しく読み終えたけど、結果運動して色んな気持ちを自分で発散させるって大事だよね!って思わされた。やはり筋肉万能説笑
    最終的にみな幸せそうなのが良かった。

全32件中 1 - 10件を表示

プロフィール

いくえみ綾(いくえみ りょう)
1964年生まれ、北海道名寄市出身。ペンネームは、くらもちふさこ作品『小さな炎』『白いアイドル』『糸のきらめき』三作、各登場人物の名前に由来する。
1979年、14歳のとき『別冊マーガレット』「マギー」でデビュー。2000年『バラ色の明日』で第46回小学館漫画賞、2009年『潔く柔く』で第33回講談社漫画賞少女部門を受賞。
代表作はのきなみ映画・ドラマ化されている。実写映画化された作品として、2013年に長澤まさみ・岡田将生主演の『潔く柔く』、2018年に小瀧望(ジャニーズWEST)と黒島結菜主演の『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』。テレビドラマ化された作品としては『あなたのことはそれほど』があり、2017年ドラマ化。内容と、主演の波瑠、助演の東出昌大が高い評価を受けた。
愛猫家としても知られ、コミックエッセイ作も描く。

トーチソング・エコロジー (3) (バーズコミックス スピカコレクション)のその他の作品

いくえみ綾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

トーチソング・エコロジー (3) (バーズコミックス スピカコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする