夕虹に仇花は泣く (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 穂波 ゆきね 
  • 幻冬舎コミックス
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344831155

作品紹介・あらすじ

男花魁として人気の佳雨は百目鬼久弥との愛が確かなものになるにつけ、色街を出た後のことを考えるようになっていた。久弥の役に立ちたい-そう思い、英国人・デスモンドに英語を習い始めた佳雨。客なら割り切れるが、と嫉妬する久弥が佳雨は少しだけ嬉しい。ある日久弥は呉服問屋の当主・椿から彼の妻が佳雨の姉・雪紅だと話しかけられ…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仇花シリーズ6作目。
    ついに最終章の幕開けです。
    というか、てっきりこの巻で終わりかな、と思ってしみじみしながら
    本を開いたもので……え、続くんだ、とちょっと拍子抜け。

    今回は出来上がったカップルの話しというよりは、佳雨の
    過去の因縁だとかそういったお話に絡んでくるものでした。
    実姉と自分の関係や、実姉の馴染み客との関係などなど、
    少し切ない展開もあり、しんみりします。
    それもこれも、全ては大団円に向けての布石と思うとワクワク
    してきますね。

    個人的には今回も癒し役だった希里と梓にほっこりしました。
    もう何このふたり、可愛いんだけど。
    ふたり並んでると本当に可愛いんだけど!
    ついでに銀花と九条の関係もすっごく気になるんだけど。
    主役カップルが比較的安定しているので、脇を固めるキャラに
    ばかり目が行ってしまい困ります。

    叶うことなら本編終了後、スピンオフで銀花編読みたいと
    今からわくわくしています。

    イラストは相変わらず美しいです。
    BLのレーターさんの中でも、穂波さんほど和服を美しく
    描ける人はいないと思います。
    ご本人かお身内に着付けできる人でもいるのかな?
    というくらい、着物の着方がちゃんとしているので、たまに
    遭遇する【残念和服】なレーターさんじゃなくて本当に
    良かった。
    CGも好きですが、このアナログ感が本当に淡くて美しく、
    隅々までしっかりと模様を書き込まれているのも素敵。
    私生活で和服を着る機会が多いので、そういった意味でも
    楽しくイラストを拝見しています。

  • ミステリー花魁BLとでもいいましょうか、やっと探してたアイテムが揃ったとこであー次作へ・・・ また1年待たられるのか?
    百目鬼さんと佳雨のふたりは・・・ この二人のやり取りなんかすきなんだよね~~~

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小説家。3月26日生まれ、A型。
1994年、『透き通った空の破片』でデビュー。代表作・シリーズに、「仇花シリーズ」、「守護者シリーズ」。

夕虹に仇花は泣く (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

神奈木智の作品

ツイートする