Esperanza ─名もなき神の子─ (リンクスロマンス)

著者 : 華藤えれな
制作 : 雪舟 薫 
  • 幻冬舎コミックス (2015年5月29日発売)
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344831742

作品紹介

自動車メーカーのマドリード支社に勤める芳谷卓人は、業績不振にあえぐ支社のため、ひとりの人気闘牛士に車を売るべくセビリアを訪れた。その男、フェルナンド・ペレス・ミランは、初めは傲然とした態度だったが、物珍しい日本人の卓人に興味を示した。あるきっかけからフェルナンドに身体を求められた卓人はいつしか彼を受け入れてしまう。しかし、彼の闘牛士としての、名誉ある死への願望を知り、自分を抱いたのは一時の相手が欲しかっただけだと気づいてしまい-。

Esperanza ─名もなき神の子─ (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台はスペインのセルビア。
    死を恐れぬ若くして人気絶対の俺様闘牛士 フェルナンドと、自動車メーカーのセールスマン 卓人。
    卓人が車のセールスで訪れた先がフェルナンド。
    フェルナンドに何故だか気に入られそうこうしているうちに身体の関係に。

    卓人がネガティヴでどうにも好きにはなれなかった。

    マタドールの話は新鮮でまるで今目の前で牛と闘っているような高揚感が伝わってくる上に、ひまわり畑や寝室やパティオでのシーンで風がふわりと吹くような場面があったりと静と動との巧みな切り替えに惹きつけられました。

    愛を知って死への恐怖を覚える。
    それがまた感動的でもありました。








    がわやはり会社をクビになるというあたりがどうにも簡単すぎて、すみません。

全1件中 1 - 1件を表示

Esperanza ─名もなき神の子─ (リンクスロマンス)のその他の作品

華藤えれなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
かわい 有美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする