北上家の恋愛模様 次男編 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 花小蒔 朔衣 
  • 幻冬舎コミックス
3.68
  • (2)
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344833401

作品紹介・あらすじ

北上祥平と瀬川匡は幼馴染みで恋人同士。祥平は地元でも有名な美形三兄弟の次男で、可憐でたおやかな容姿だが、気が強く手も早い。一方、匡は顔も頭も人柄もよく人望がある。近頃、匡が祥平によく似た従兄弟・真生をやたらと可愛がっていて、祥平は面白くない。しかし三年前、匡と仲違いした出来事が祥平のトラウマになっていて強くも言えず…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/01/14
    幼馴染カプの話。
    お隣同士、幼馴染とよくある設定だけど
    お互いがお互いのこと好きすぎる。
    けど、ちょっとしたすれ違いで浮気疑惑が浮上。

    まー最後はハッピーエンドなんだけど。
    甘々話、読んでで癒される♡

  • 北上家シリーズ第1弾。美形三兄弟の真ん中と幼馴染みのバカップル痴話ゲンカ話。読んでる内に、克実や忍のようにすっかり祥平の味方になってしまったので、匡コノヤローって思いながら読んだw本当にまた匡がバカやったら、忍は祥平犯していいと思うよ…wむしろ兄弟スキーとしては大歓迎です^^

  • ★3.5
    ちょっと鈍い攻めに腹が立ちましたが凄く反省したようなので、まぁ許してやるかと。
    三男が気になります。

  • 次男編なんて付いてるから続き物の2冊目?でもルチルからは1冊目だしと思ったら普通に1冊目でした。今度三男編が出るみたいですが。確認するのに先にあとがきから読んだら「高校生の甘々バカップル、ラブコメ」とあったので、合わないかもと思ったらとても面白かったです。ちゃんと求めてた可南さんだった。切なくて途中ぽろっときました。そして甘々バカップルだった。最高でした。執着攻。受しか見えない他はどうでもいいっていう。あ、やっぱりそういうの好きだなって久々に思い出しました。受と一生いるために勉強も頑張るしって先の事も考えてるのも良かったです。受もちゃんと考えてたし。
    読み始めは甘やかされるばかりの受なのかなと思ったんですが、最初から「3年前の繰り返しは嫌だ」って怯えてて、それも予想外だったし面白かったです。攻はとんでもなく溺愛してるのに、受は実は不安に怯えてるという。3年前の話も切なかったです。それだけの傷を負わせてしまったって攻は気づいてなかったんだなぁ。負い目もあるからですよね。まだ感情が未分化な子を分からない内にって。でも最後はこれでもかってくらい甘々でカタルシスで、でも基本はコメディベースで抉るような辛さはなく、要素の配分がとても良かったです。こういう感じのライト、ラブコメは大歓迎です。癒されました。
    次は三男編って事は忍の話って事ですよね。そんで相手はちらっと出てきた高槻みたいで、そっちもすごく面白そうです。どうなるんだろ。簡単に忍が落ちるとは思えないし楽しみです。

  • 純粋に花小蒔氏のイラストにつられて購入。バカップルのお話。

全5件中 1 - 5件を表示

北上家の恋愛模様 次男編 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

可南さらさの作品

ツイートする