ロマンスの演じかた (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 幻冬舎コミックス
3.10
  • (1)
  • (4)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344833746

作品紹介・あらすじ

幼馴染みの有佐有貴が隣室に越してきて以来、アパートの壁越しに悩ましい声を散々聞かされ、敷惣一は怒っていた。有佐は美貌を武器に「別れさせ屋」なるけしからん商売をしているらしく、相手はその標的と思われる。優等生なのに自分にだけ憎まれ口を叩く有佐には、十年来振り回されてきた。それなのに、敷は有佐に触れたいと思ってしまい…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幼馴染で喧嘩ップル。攻め視点。
    読んでて疲れる喧嘩ップルだった〜〜。
    ツンツン系の性格は和めないから好みじゃないとわかりました。

  • 旧作の再文庫化。
    いろいろ加筆修正されているようだけど、イマイチ設定に乗れず。
    幼馴染みものは大好物ですが、安アパートの隣人同士にしたいんだったら、今ならせめて大学生にしないと。
    間違ったとはいえ、高校生がアルコール飲んで酔った勢いで……にもちょっと。
    美形の守銭奴で別れさせ屋設定の受も、現時点では何のために金に細かいのか、守銭奴になる必然性がまったく感じられないし。
    で、肝心の受にまったく可愛げがないのも、読んでて辛い。
    たぶん冒頭の小学生エピソードで攻に惚れて、密かに攻への恋心を募らせてるんだろうけど(そして部屋に男を連れ込んでる、と見せかけて連れ込んでない)、それにしてももうちょっと見える形でデレようよ、読者まったく面白くないから!て云いたくなってしまうのでした。

    これから面白くなりますように。



    そして読み終わり。
    こんなに素直じゃなくてなかなかデレてくれない面倒くさい受のこと、攻ぐらいしか寄り添えないんじゃないかなーと思った。
    両思いになってめでたしめでたし。
    ただ書き下ろしの受視線の後日談でちらり見せるデレが破壊的な可愛さなので、そこに攻がやられたんだなーとも思った。
    この初々しさは高校生カップルならではと思うので、大学生設定じゃなくてよかった。
    しかし受、もうちょっとなんとかならなかったんだろうか。そこが残念。

  • 文庫化旧版未読。幼馴染みの高校生、惣一✕有貴。ツンツン受は嫌いじゃないけどこの子はダメだった… 可愛げが全くなく読んでいてイラッとする。好きだったら許されるのか?いやいや、私が攻だったらとっくの昔に離れてるわ~と思いました! 攻は良く言えば素直、悪く言えば単純なおバカで、いい子なんだけどそれほどの魅力を感じられず残念。

  • 文庫化。ツン美人受け×長身体育会系男前攻め(中身はヘタレ?)受けが幼馴染みの攻めに近ずく女子を密かに蹴散らしたり、攻めを馬鹿にするような暴言や態度には、その裏側に揺るがない愛があると(読み手には)わかっているのではじめキュン萌えして楽しかった。けど、途中でちょい飽き気味に(もう少しデレようよぅ〜)。でも、天使だった受けが「僕はエビフライより惣ちゃん(攻め)が好き…一番。だからさ…いつか僕のこと好きになってくれる?」と告る幼少の頃のエピが可愛かったから良し。2人の友人広海が書き下ろしで良い仕事してます。

  • 2003年にアイスノベルズから発行された作品を、加筆修正&書き下ろし付きで文庫化。初読みです。
    男らしいけど鈍い敷と超ツンデレの有佐との、高校生同士幼馴染みラブでした。

    一人でアパート暮らしをする敷の隣にわざわざ引っ越してきて、別れさせ屋のような仕事で小金稼ぎをして、幼馴染みの怒りを買うようなマネをする有佐です。
    有佐の恋心はとてもわかりにくかったですね~
    敷は裏表無くて直情的な性格だから、有佐のやることなすこと真に受けて不機嫌になってしまうけど、多分敷じゃなくても誰でも怒りますよね…
    こういう素直じゃない受、本心が見えにくい受は砂原センセの作品にはありがちですが、その中でも最強ツンデレでした。
    でも、だからこそキスやHの時にだけ見せる素顔にきゅんとさせられました。
    めちゃくちゃうれしそうです…
    …まあ、お子ちゃまの敷にはわからないレベルだろうな…
    あのペアチケット、元カノと行ったらダメですよね。ほんとに敷は鈍いです。

    でも、敷の方もそんなモヤモヤとした怒りの正体がわからないまま有佐を押し倒したりする時、とっても熱くなってて激しい求め方するんですよね~
    それは自覚のない嫉妬、そして独占欲なのよ、と教えてあげたくなりました。
    お節介な気持ちにさせられまくりwww

    回想シーンのかわいい二人に萌えました。イラストもかわいいです。
    書き下ろしは本編より糖分やや多めな仕上がりで、素直じゃない有佐の敷への想いがはっきりと伝わってきて安心しました。

  • 有佐めんどくさくてかわいい。ツンデレ。イラストも好き。

  • memo: コミコミ特典イラストカード付

  • 敷くん目線で読むと有佐にめちゃめちゃ腹が立つんだけど、有佐目線で読むと不器用な天邪鬼でギュッと切なくなるww

全9件中 1 - 9件を表示

ロマンスの演じかた (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

砂原糖子の作品

ロマンスの演じかた (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする