俺の初恋にさわるな (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 平眞 ミツナガ 
  • 幻冬舎コミックス
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344834965

作品紹介・あらすじ

幼稚園の頃から大好きで、火事から命を救ってくれた矩文は、実晴にとって王子様のような存在。王子様には完全無欠な人生を送ってほしいと願う実晴だったが、大人になったある日、思いもよらず矩文から愛を告白され「王子様が自分なんかを好きになるのは許さない!」とキレてしまう。矩文を理想化するあまり自分の初恋に全く気づかない実晴は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年上攻 幼馴染 すれ違い

  • 実晴の自己評価が低くてかなり面倒な性格。これは周りが甘やかした結果なのかなあと思うとしょうがないかも。最期には前向きになってて良かった。

  • 会社員の矩文×新米和菓子職人・実晴。幼なじみ同士。
    実晴の言ってることはまあわからないでもないんだけど、それでも身勝手だなという気持ちの方が大きくてあんまり読んでて気持ちよくはなかったです。後半で本人も気付くんですけどね。
    矩文も相手の理想でありたいとがんばって努力してたのに実晴に言われたい放題でなんか釈然としませんでした。そこと好きになったっていう部分とは別だと思うの。でも惚れた方がやっぱり弱くなっちゃうんですね。

  • ラブラブ甘々〜。虎プリン饅頭食べたい。

  • 前半受けの人がだいぶやんでるなあと思いながら読んでいたのですが、後半で上手いこと昇華していてよかったです。

全5件中 1 - 5件を表示

俺の初恋にさわるな (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

玄上八絹の作品

ツイートする