執着チョコレート (リンクスロマンス)

著者 :
制作 : カワイ チハル 
  • 幻冬舎コミックス
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344835726

作品紹介・あらすじ

高校生の頃の事故が原因で記憶喪失となった在澤啓杜は、ショコラティエとして小さな店を営んでいた。そんなある日、店に長身で目を惹く容姿の高宮雅悠という男が現れる。啓杜を見て呆然とする高宮を不思議に思うものの、自分たちがかつて恋人同士だったと聞かされて驚きを隠せない啓杜。「もう一度こうやって抱きしめたかった」と、どこか縋るような目で見てくる高宮を拒めない啓杜は、高宮の激しくも甘い束縛を心地よく思いはじめるが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 記憶喪失の中での再会監禁もの。雅悠は絶対やばいやつだと思ったのに…^^ お互い一途すぎる両片想いで切なくて泣けた。繰間、絶対許さん。しかし、啓杜と会えない間の雅悠の頑張る方向性おかしいw繰間の一件のせいなのかもしれないけど、縄の縛り方とか調教の仕方とか何の勉強をしてるんだ(^q^)

  • 心優しい方に貸していただいたもの。出会えてよかった!

    記憶喪失もので執着攻めもの。

    受けのこが、前半は男らしくてちょっと硬派なところが好きでした。後半は、愛情が垂れ流しで、それも可愛らしかったです。
    攻めのこが、良い感じに気持ち悪くて(褒めています)、特に出会ってすぐの「距離感のつかめない」話し方がツボでした。

    途中、軟禁状態になるので、これが続いたらどうしようと受けがキャリアを積み上げていくのが見たい派としてはやきもきしましたが、ラストは二人とも大人な選択をしてくれて安堵。

    タイトルの執着とチョコレートが後半で効果的に使われていてよかったです。

    途中に出てくる過去編は、まさかそんなヘビーなものが出てくるとは思っていなかったので若干驚きました。あの先生は、どういう経過を辿って解雇されたのか…。

  • 記憶喪失もので執着攻です。実は思い出すのを一番怖がっていたのは攻だったという。この人の書くお母さんも気持ち悪くて好きだ。

  • 内容もなにも確認せず、チョコレート追いで購入した初読み葵居先生作品。
    カバーイラストがあっさりキレイ系だったので、想定外の粘着エロに驚きましたが、執着愛ステキです。監禁、尿道、拘束…いろいろやってます。後半はずっとやってて、豪華すぎてさすがに疲れましたが。こりゃ受さんもお疲れですよね…

全4件中 1 - 4件を表示

執着チョコレート (リンクスロマンス)のその他の作品

葵居ゆゆの作品

ツイートする