やさしくってわがままで (バーズコミックス ルチルコレクション)

著者 : 平喜多ゆや
  • 幻冬舎コミックス (2016年1月23日発売)
3.65
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344836129

やさしくってわがままで (バーズコミックス ルチルコレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半は義兄弟の弟が攻め(主人公は受け)、後半は兄が主人公で受け。
    どちらもとてもかわいくて優しいお話でした。
    相手の最も望ましくなさそうな部分を指して「好き」と言える関係が素敵でした。

  • ★3.5。中二病だった黒歴史をネタに脅してくる攻めとの再会。(表紙カプではない)
    お互い再婚家庭という複雑な環境で、攻めは家族に馴染めずに受けを頼ってくるのに、受けは攻めの八方美人な態度で傷ついていたので、それを無視してしまった過去あり。
    その時、乗り越えて攻めを助けてあげられなかったものかなぁと、思ってしまうけど、傷ついた受けの気持ちもよくわかるからな…。

    後、初Hシーンをはしょるのはなんでだろ?って前の作品のときも思ってしまったのだが。

  • 『ここにおいで、お兄ちゃん』のスピン。中二病だった次男・那月がくるとは思わなかったけど、面白かったです。お相手は中学時代の黒歴史を知る後輩・陽太。思春期真っ只中な2人が一生懸命に生きて恋していてグッときました。柔らかな雰囲気のゆやさんなんですが、所々ツキンと心が痛くなるようなエピも良いんですよね。表題は陽太の義兄・丈留のお話。

全3件中 1 - 3件を表示

やさしくってわがままで (バーズコミックス ルチルコレクション)のその他の作品

平喜多ゆやの作品

やさしくってわがままで (バーズコミックス ルチルコレクション)はこんなマンガです

ツイートする