アレがない人の国 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 松雪奈々
制作 : カワイ チハル 
  • 幻冬舎コミックス (2016年3月16日発売)
3.06
  • (0)
  • (3)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 38人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344836891

アレがない人の国 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「アレ」が気になって気になって。
    はいはい、「アレ」のことでしたか。想像していたものとは違っていましたが、分かってすっきりしました。
    (でもそれがないとこの国の人たちはスッキリしないんじゃない?と思わなくもないですが…。)
    内容的にはあまり萌えどころがなく、さらっと読了しました。カワイチハルさんのイラストはよかったです。

  • 積本崩し。ウサギの国シリーズではないけれど、主人公の大学生・カリヤが異世界へトリップしてしまうのは一緒。アレってアレのこと?と想像していたアレではなくて、まさかのアレだった(笑) 今回も楽しくは読みましたがあっさりした印象。ウサギの国シリーズには敵わないかなw

  • アイドルはう◯こしないを地でいく設定笑。排泄している側から見ればいいけど、逆はどうかな〜でもこの作者のチャレンジャー精神は枯れないでいてほしい

  • タイトルからスケベな妄想を色々と繰り広げていたのですが、予想に反して「そこがないのか!!」と、ひとりで激しくツッコミ入れてしまいました。
    松雪さんですから、そうですよね、そういうのもアリですよね。

    ということで、アレがない人々の暮す国にある日突然異世界トリップした受は、そこの国の王子の子供を産んで欲しいと半ば強制的に拉致監禁されてしまいます。
    自分は女性じゃないという訴えも虚しく、かみ合わない国の人達に辟易しながらも、なんとなく意気投合した攻とのトタバタコメディです。
    軽快な文章とテンポのいい会話で、すいすい読めてしまうのがこの作家さんの好きなところなんですが、今回は持ち前のコメディ部分が少しパンチが弱かった気がします。
    アレがない部分についてのやり取りなんかは凄く面白くて、随所で吹き出したりもしたんですが、何となく物足りないなー……というか、自分の中でハードルが上がってるのだと思います。

    最初は嫌々一緒にいたはずの二人が徐々に惹かれ合い、気がつけば両思い。万事解決! みたいな流れは見事です。ファンタジーBLのお約束もしっかり書き込まれており、突飛設定の中で王道を練り込んでくるあたり上手だなと思いました。
    個人的には後日談の攻視点のお話が好きです。
    イラストもファンタジー向きの美しさで満足。

  • 相変わらず可笑しな設定と展開で非常に楽しかったです。

  • ★3.6
    松雪さんの本は相変わらずぶっ飛んでる(笑)アレとは何かと思ったらまさかのアレで…(笑)この国の人たちの人体は一体どういう仕組みなのかとか、実際ソコはどうなってるのとか突っ込みどころ満載(笑)結局カリヤ元の世界に戻れそうにないし、実際問題トイレや食事や諸々どうするのか気になってしまう〜。

  • 聖なる乙女として異世界に召喚された男子大学生。しかも子供を産んでくれと!
    佳里也も王子も何とか諦めてもらおうと頑張ります。クスクス笑いながらサクッと読めちゃいます。
    イラストのリキャルド王子がイメージぴったり綺麗です。でも口絵の王子に笑ってしまった!ナイスなシーンです。

  • 異世界ものですが、アレとは肛門のない国wwww全部栄養として吸収されちゃうってwwww
    異世界物の設定が相変わらずぶっ飛んでいた。

  • 1年間休業されてたセンセ久々の新作です。
    ウサギシリーズかと思って楽しみにしてましたが、別物でした。残念。でも話の流れとして、これも似たノリではありましたw

    異世界トリップもの。女性がいない国の傲慢イケメン王子様と、顔面は狂犬系だけどハートはマイルドでチワワな大学生のシモネタラブコメです…!
    ケンカばっかりしてすったもんだの異文化交流から、どうしてこんな胸キュンラブになれたのかと考えるだけでも笑えて楽しかったです。

    タイトルに興味津々になっちゃいますよね~
    アレがないなんて、本当にびっくりしました。それで大丈夫なの!?センセのその発想がすごいです…
    それからいいなと思ったのが、魔法の翻訳機能ですwこれ便利。ふと考えたのが六青みつみセンセの「黒曜の災厄は愛を導く」の秋人にこのミラクルがあったらあんなかわいそうな目に遭わなかったよね…というww関係ないけど。

    不毛なひとりHシーンがけっこうなページ数占めてて、でもそれが妙にシュールで笑えました。
    だんだん互いに意識しあう様子がかわいかったです。特にリキャルド王子のツンデレ具合が面白くてw
    王子はイラストとイメージがぴったりだったけど、カリヤはかわいくて凶暴な顔つきっていう描写とはちょっと違ってたかも…
    ストーリーもせっかくこんなヘンテコな異世界トリップなんだから、もっとあれこれ盛り込んでほしかったです~
    これ、続編に期待してしまいますね。

全9件中 1 - 9件を表示

アレがない人の国 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

松雪奈々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アレがない人の国 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする