棺の中は黄色いバラ (1) (バーズコミックス)

  • 幻冬舎コミックス
4.33
  • (9)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344836952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雰囲気はとても好きだった。
    あまりに狭い世界に、色々なものが詰め込まれてた。詰め込まれすぎてた気がする。

  • 人を殺す気持ちを知りたいスミカと、母親を殺した柊。
    とても恋愛漫画とは思えない一冊だったけれど、あとがきにて恋愛漫画のくくりだと描かれているので少し驚いた。
    このふたり以外にも、友だちを自殺させたことのある東京出身の野枝や謎の多い姉だったり今後の展開がどうなっていくのか非常にわくわくする。

  • 少年少女の自意識を抉るように描くタカハシマコ。
    『乙女ケーキ』『スズラン手帖』のような一話完結型短編や『それは私と少女は言った』のようなオムニバス形式のイメージが強かったけれど、その手法を活かしながら、長編もうまく読ませてくる。
    主人公2人の事件に、田舎と都会の二項対立に引き裂かれる野絵ちゃん(いかにもタカハシマコらしい少女の毒を体現するキャラクターです)がいかに関わってくるのかが楽しみです。

  • 少年犯罪が絡む重くデリケートなテーマをこの甘くて可愛い絵柄で描くところがタカハシマコさんだなあと思いながら読み進めました。
    この中で実は一番まともなのは柊なんじゃないかと思ってしまいます。
    断片的にしか語られないスミカとその家族の事情含め、気になるところ満載。続きが楽しみです。

  • 人の殺し方を教えてほしいの

  • とある理由で人を殺す気持ちを分かりたいスミカと、彼女の家の裏の洋館に住み始めた転入生の柊。
    表紙も帯も素敵。読み応えがあった。
    10年ぶりに家に戻ってきたスミカの姉が謎めいていて怖いけど、スミカ自身も無邪気なようで何か含んでいるように見えるから怖い。特に両親が住んでいた別の家の描写、どういうことだ?
    地元民だと思っていたら東京からの転入生だった野枝は、女子のグループで生き残る術に長けてる感じが打算的。
    あとがきでボーイミーツガールだと書かれているけど、ちゃんとラブストーリーになるんだろうか。続きが楽しみ。

全6件中 1 - 6件を表示

棺の中は黄色いバラ (1) (バーズコミックス)のその他の作品

タカハシ・マコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
タカハシ マコ
有効な右矢印 無効な右矢印

棺の中は黄色いバラ (1) (バーズコミックス)はこんなマンガです

棺の中は黄色いバラ (1) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする