社長と溺愛子育て中 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 松幸かほ
制作 : 陵 クミコ 
  • 幻冬舎コミックス (2016年6月15日発売)
3.45
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 30人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344837522

社長と溺愛子育て中 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙のイメージそのままにトントン拍子でうまくいく。

  • 犬と子供は最強だと思う。本当に動物と向き合う仕事は大変だなと思った。うまく行かなくても真摯に仕事に向き合う槇の姿はいい。最初から最後まで犬が出てくるので楽しめた。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    求職中で、細々とわんこの散歩代行業をしていた柳沢槇は、コリー犬の散歩を頼まれる。槇が心の中で密かに“イケメン親子”と呼んでいた若社長の桜庭久仁と、見た目も中身も天使な子・祐輝の家からだった。就職活動もしないといけないと思いつつ、祐輝からはなつかれ、久仁にはちょっと強引だけど優しくされるうち、気づけば仕事を超えた関係に…!?

    槇のお仕事描写は、上手くいかないところも、そんなうまいこといくかいと思いつつ順調なところも、気分よく読んだ。
    一方、久仁が祐輝を一人にして仕事してる時間があったっぽいのが、なんだかなぁ?

  • ★3.6
    表紙がずるい(笑)子供+犬!こんなん買っちゃう(笑)総合的には、わんこのもふもふにかわいい子供、お金持ちの社長に見初めらて溺愛される甘々の可愛らしい話でした。攻めにグイグイ迫られて、流されてる感は否めなかったのはモヤっとしたけど、受けがそれでいいなら別に言うことはない(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

社長と溺愛子育て中 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

松幸かほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
間之 あまの
有効な右矢印 無効な右矢印

社長と溺愛子育て中 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする