君恋ファンタスティック (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス
4.05
  • (8)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344837652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017/07/13
    フォトグラファーと潔癖気味な経理のカプ

  • 初めましての作家さん。甘い甘いと伺っておりましたが、予想以上に甘くてデヘヘ♡作家買いリスト入り決定!!他の作品読むの楽しみ〜♡

  • ★3.5

  • うるうるのきゅんきゅん。途中切なかった。ラブラブ甘々。記憶喪失もの。ハピエンでよかった。

  • 最後の展開がちょっとあっさりしすぎていたような気がしますが。

  • 記憶喪失中に恋人になって、記憶を取り戻し忘れられた時は切なかった。

  • 「片恋ロマンティック」「初恋ドラマティック」のスピンオフ作。前2作と仕事場が一緒という共通点がありますが、途中で出向ありでw単体でもまったく問題なく読めます。

    王道溺愛担当大臣の間之センセ。今回もロマンス大好き読者を満足させるのに十分な糖分含有量でした!
    有名フォトグラファーの久瀬×アパレルメーカー経理担当の景。久瀬は天然タラシのイケメンで、潔癖症で生真面目な景ですら彼に好意を持ってしまうほどです。
    この久瀬の天然タラシっぷりには、クラクラさせられてしまいました。
    景のとても潔癖な性癖も嫌がることなく受けとめて、ゆっくり仲良くなっていって、気づけば至近距離にいてハートもしっかり握っているというスゴ技!それがとてもナチュラルで、その上愛と誠意も感じられるので始末が悪いですね~

    キーワードは記憶喪失です。好物なので食いつきました。
    記憶喪失の相手と恋人同士になっても、それは記憶を取り戻した時点で忘れてしまう関係。あるいは、恋人同士だったのに記憶喪失でそのことを忘れてしまうというパターンも記憶喪失ものの定番。
    どっちもすごく切ないです…今回は前者だったのですが、いやいやタラシというのは恐ろしいですね。記憶喪失なんて物ともしないんですよ。タラシはどんな窮地においてもタラシで、久瀬はそこが最強でしたw
    でも、景は何もかもが初めてなので、久瀬が記憶喪失になったり元に戻ったりで胸がつぶれるような思いを経験してしまったんだろうなと思うと切なかったです。
    特に同居生活のところが激甘だっただけに、その後の展開がちょっと辛かったですね。

    でも、やっぱり待ってた激甘展開!景の潔癖症にも動じなかった久瀬は包容力があって、意外に身持ちも堅そうでwきっと景は幸せになれるだろうなと安堵できました。
    エロ的にも甘いようで、実はかなりドS攻めだったのが刺激的で…よかったです。

  • 攻めの記憶が戻り、「記憶喪失中に恋人だった」と嘘を吐くデルモと交際宣言をした事に傷心する受けが可哀想でちょっと涙。もしかして記憶喪失は攻めの策略だったり?とかブラックなことを考えてドキドキしたけどそこは間之さん。安心設計だった★攻めのイラストはイメージ通り

  • ★3.7
    ハッピーエンドだけどなんか複雑。記憶喪失もので、記憶が戻った時に記憶喪失の時のことを覚えてないっていうのがもやもやする。同一人物だけど、やっぱ別人っていう感覚があるというか。記憶戻ったって知った時の景の傷ついた様子がせつなくて悲しくて辛かったー;;

全9件中 1 - 9件を表示

君恋ファンタスティック (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

間之あまのの作品

ツイートする