王様と猫と甘い生活 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 : 金坂理衣子
制作 : 鈴倉 温 
  • 幻冬舎コミックス (2016年10月19日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344838383

王様と猫と甘い生活 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【2016年】イラストレーターの受けがポジ過ぎてたまにクラっときたけどイラっとはならなかったのは流石。受けにクラクラな攻めが(受けを)笑顔にしたのが自分じゃないと暗黒面になるのに救われた(攻めの嫉妬はウエルカム)。初めから「気持ち良い」お布団シーンをスルーできるほどには可愛いお話でした★金坂さんの「こんなに可愛い絵なら多少おバカでも許される!」に同感の鈴倉さん絵◎

  • 楽しかった。
    植物園の園長×迷い込んできたイラストレーター

    受けの渉くん、とても可愛いのだが、最後まで攻めの霧谷さんを「霧谷」と呼び捨てで、エチシーンでも、どこまでいっても呼び捨てなのが気になった。蒼真という素敵な名前があるのに、お兄ちゃんは「朱里お兄ちゃん」て呼ぶのに、「霧谷」…そこがずっと引っかかって引っかかって(笑)
    でも、お話はとても楽しかったです。思ってたより霧谷さんがシモ関係ゆるゆるで渉くんと一緒にショックを受けてました(笑)お互いほぼ初恋人で嫉妬したり独占欲沸いたりして可愛らしい2人です(*´꒳`*)霧谷さんの甘やかし素晴らしい♡渉くんの才能もすごいなぁ
    猫成分もたっぷり、でも猫の育児書に終わらない、ちゃんと小説そしてBLしてるのはさすが金坂先生です。

全2件中 1 - 2件を表示

王様と猫と甘い生活 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

金坂理衣子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
間之 あまの
有効な右矢印 無効な右矢印

王様と猫と甘い生活 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

ツイートする