喫茶男子と子守りと甘い恋 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 :
制作 : 亀井 高秀 
  • 幻冬舎コミックス
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344839694

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正弘は当て馬かと思ったが違いました。脇なのに存在感がある。

  • ▼あらすじ

    兄の子供を預かることになった和帆。
    同時期に趣味の映画で出かける仲の達紀から告白されて、
    恋と育児と仕事で戸惑うばかりで!?

    ***

    うーん…やっぱり敬語攻めってイマイチ萌えられないんだよなあと再確認した一冊。
    あと、申し訳ないのですが甘い恋…って感じではなかったような気がします。

    というのも、子守りの方が中心になってしまっているんですね。
    しかもこの子守りというのがまた、見ていて楽しめるようなものではなく…。^^;
    BL作品に出て来る子供って大抵、良い子で癒される存在である事の方が
    多い印象なのですが、こちらの作品に出て来る子供はお世辞にも
    良い子とは言えないタイプで、イヤイヤ期なのか
    コロコロ機嫌が変わって受けの手を大いに煩わせます。
    話が全く通じないところや、泣いたら最後、手が付けられなくなるところなど
    リアルと言えばリアルなのですが、癒しを求めて
    此方の作品を読み始めた身としては却ってストレスを感じる結果に…^^;

    しかも、攻めよりも受けの友人(正弘)の方が子供の扱いに長けていて、
    ちょいちょいキュンと来るような格好良いところを見せてくれるんですね。
    一方、攻めは基本的に受けの相談に乗るだけなので
    子供の事に関してはあまり頼りにならないイメージというか、
    正弘と比べるとどうしても存在感の無さが目立ってしまい…。
    正直、これだったら正弘が攻めだった方がまだ萌えられたような気がしました。

    受けは受けでネガティブ思考にも程があるし、
    とにかく子守りの部分が悪い意味で主張し過ぎてしまっていて、
    肝心な攻めとの恋愛描写が霞んでしまっているといった印象でした。
    元々敬語攻めが趣味ではない事もあってあまり萌えられず、
    後半の方はページを捲る手がなかなか進まなかったので
    おそらくこれっきりもう読み返す事はないかと思います。

    評価はストーリー面では★3.5ですが、
    亀井高秀先生のイラストはとても良かったのでおまけして★4にします。

全2件中 1 - 2件を表示

喫茶男子と子守りと甘い恋 (幻冬舎ルチル文庫)のその他の作品

松幸かほの作品

ツイートする