空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
4.30
  • (12)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344839731

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永遠の青春譜。冬目氏が描き出しました。
    わたしは高校時代いわゆるボッチ状態で黙々部室にこもりデッサンの練習。サブカルは間違っても外ではやらずひたすら家で楽しい練習。だから高校のことはほとんど覚えてないんですが。筆者の世界みたいなこういうこともあるのかも知れないと。冬目氏の紡ぎだす特別空間・幻想空間だけで充分に味わえる作品だと思います。
    冬目氏の作品はみんな優しさと儚さが味わえます。そもそも登場人物からして儚げというか。
    原稿を丁寧にびっしり書き込むとは方向性が違う作風だと思います。余白で語らせるというか。東洋美の感じ?(超恥ずかしいけれど)作品自体より僕等に語らせるというのか。

  • 掲載誌に合わせてか若干ダークな面が垣間見える青春軽音楽マンガ。ヒロインの魅力が大きく、冬目景先生の黒髪ロングはやはり無敵。

  • 2人で音楽やる話かと思いきやそれぞれの音楽の話であった。
    相変わらずの絵力で安心〜

  • 引っ込み思案の凄腕女子ギタリストとか、設定がよいよね。今後が気になりまくりです。

  • -

  • ちょっと暗めのバンドもの。
    冬目景らしいサブカル風味。
    たぶん、たぶん後々までは考えていないんだろうなー。

  • おもしろーーーい!!!!!音楽シーンのわくわく、というよりかはバンド結成のわくわく感、がすごい1巻。続き早く読みたい!!!!

  • 冬目景の新作第1巻。今回はバンドもの。掴みはOK。冬目景は何を描いても様になる。

  • 冬目景さんのバンドやろうぜ!!な新作。
    ミュージシャンの父を持ち英才教育による超絶ギターテクを持つマオちゃんと謎の多い美女ヨキコの話と、カリスマだったギターボーカルを失って新たなギターを求める大学生の話が平行して、これは交わるんだろうねーー。
    楽しみ。
    非常に。

  • 原点回帰っぽい?

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1993年、「アフタヌーン」での四季賞受賞を経て、「モーニング増刊OPEN」で『黒鉄』の連載を開始。現在、『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、『幻影博覧会』(コミックバーズ)、『ももんち』(ビックコミックスピリッツ)を連載中。2008年7月より「アフタヌーン」で『アコニー』を連載再開。

「2016年 『新装版 LUNO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)のその他の作品

冬目景の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする