ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)

著者 : 売野機子
  • 幻冬舎コミックス (2017年6月24日発売)
3.79
  • (5)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :143
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784344840041

ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感情に振り回されるのが怖い。

  • 好きな漫画家さんだというのに、二巻が出るまで気付かなかった……。
    二巻まで読んだ感想としては、2巻から話が進みだしてる感じ。この話がどう進むのか、そしてどうまとまるのか楽しみ。

  • 恋愛をするものがマイノリティとなった日本で、非・恋愛コミューンのシェアハウスがテロにあい、そのルポを書くことになった絵野沢と青枝。
    青枝が恋に落ちるシーンが印象的で、美しい。
    世界観が独特で、読み終えたあとに余韻が残る。

  • 恋愛が時代遅れなものと化した社会、人々はウェブでマッチングした相手と、無理のない合理的な婚姻を手軽に行っている。その近未来社会を象徴する居住空間「非・恋愛コミューン」が、テロリストによって襲われる。記者である主人公とその相棒というふたりの女性が、被害者のルポルタージュを書くため、遺族たちへの取材を始める…。
    とても現代的な主題を扱っていて、目のつけどころはもちろん、その描き方が秀逸。前作『MAMA』もそうだったけれどクラシックな少女漫画を思わせる。効果的な間のとり方、モノローグの挟み方、表情の見せ方、余計な言葉を費やすことなく感情の揺れを伝えてくる。その語り口はスリリングで、それでいてこぼれる叙情が心地良い。
    一巻だけでも、物語は美しく円環を描いて閉じたけれど、二巻以降の展開も楽しみ。完結まで駆け足になることなく語り切ってほしい。

  • ありそうでなかった設定だ。それをルポルタージュと繋げてくるのが面白いし凄い。

  • 互いのメリットデメリット、希望条件、先々の人生プランなど全て話し合い、恋愛を″飛ばし″て結婚。2033年ではそういう結婚を行う、所謂「非・恋愛コミューン」の考えを持つ人たちが増えつつあった。そんな彼らが集まり暮らすと話題に挙がった東京郊外のシェアハウスで、12月のある日テロが勃発し多数の死傷者が出る。新聞記者である絵野沢理茗(えのざわ りめい)と、彼女の先輩青枝聖(あおえだ ひじり)の二人は上司から、遺族らを取材し「人物ルポタージュ」を任せられる──。第1〜3話収録。
    マスコミの仕事しんどい。よくテレビで事件や事故の報道する際、被害者のこと根掘り葉掘り伝えるが、そっとしてあげてよと思う。聖が考える通り、心を閉じ続けなければ難しい仕事かもね。彼女が仕事辞めようと決断して正解だと思った。時代は約15年ほど未来の設定ですが結婚概念や日本国内のテロ以外は現在と変わりなし。電子機器ぐらいは変化あっても良さそうだが。人物の表情やコマ割りなど好みだし、作品の重要なテーマと関わりない要素だと考えるが、感想を見る限り気にする人が多いらしい。

  • 視線で感情を語る描き方が好き。

全7件中 1 - 7件を表示

ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)のその他の作品

売野機子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
売野 機子
売野 機子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)はこんなマンガです

ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする