リカー&シガレット (バーズコミックス リンクスコレクション)

著者 :
  • 幻冬舎コミックス
4.31
  • (14)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784344842281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジュアルボード

  • タバコ屋×酒屋の幼馴染み。あんなセクシーイケメンに甘やかされて愛されちゃったらそりゃノンケも陥落ですわ。情熱的なアピールが甘くて艶っぽくてキスだけで甘イキしちゃいますわ

  • 異国情緒あふれる作品。外国ものを描くのは本当にお上手ですよね。

  • 異国情緒たっぷりの幼なじみもの。一冊全部タバコ屋のカミロと酒屋のテオの話で、まるで外国の映画観てるような気分になりました!
    センセの作品はエロスが濃く漂うイメージなのですが、今回はなんだかときめく萌えが充満していて、ニヤニヤが止まらないかんじでした~
    でも、エロ的にも大変クるものがあり、そこはいつもどおりのクオリティというのが嬉しかったです。

    カミロはバイだと公言してる金髪優男で、モテモテ(古)。お向かいの酒屋の褐色かわいこちゃんに絶賛片想い中なんだけど、彼へのせまり方がとーってもソフトなのです。すてきです。
    幼なじみのテオが、これがまたすごくかわいいんです!ピュアで、まっすぐで、酒屋の息子のくせに酒に弱いからってカミロに特訓つきあってもらうところなんかかわいすぎて…!
    カミロを恋愛対象として好きなのか、幼なじみとして好きなのか、一生懸命考えて悩んでるところはもう、よしよししてあげたくなりましたよ。
    やっぱり、相手へのジェラシーが恋と友情の見極めポイントだと思うのですよ。テオがカミロに自分以外の大切な人ができたら…?と想像した場面にキューンときました。

    二人の絡みシーンはガン見レベルです。あんなに肉体を美しく描き出してくれるなんて…もはや芸術。
    おいしいエロもあちこちにちりばめられていて、キスシーンひとつとってもいろんなパターンがありどれも萌えます。おぼこなテオに、ソフトではあるけど見かけによらず♂丸出しで攻めるカミロもセクシーでたまりません…ドキドキが止まりませんでしたw

    そんな二人の恋愛を追いながら、風や物音、そして雑多な匂いも感じ取れるような町の描写や、美しい蛍の群れ、ディエゴやマリノ等友人たちとのやりとりや、ブドウ収穫祭の様子とか憧れを感じてしまう場面が盛りだくさんで、隅々まで楽しめました。
    冒頭のカラーページが気に入ってます。坂道の風景部屋に飾っておきたい。

    もうドラマCD化も決定してるんですね。ペーパーも欲しくなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

リカー&シガレット (バーズコミックス リンクスコレクション)のその他の作品

座裏屋蘭丸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

リカー&シガレット (バーズコミックス リンクスコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする