知識ゼロからの美術館入門

著者 :
  • 幻冬舎
3.75
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344901285

作品紹介・あらすじ

所蔵作品の見どころから、展示や鑑賞の素朴な疑問まで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 直島、地中美術館に行ってみたい。

  • 地元の図書館で読む。非常に興味深い本でした。このシリーズは、どれも素晴らしいです。多分、編集者が有能なのでしょう。個人的な日本の美術館をランキングすると、以下のようになります。第1位は、大原美術館です。質、量ともに、この美術館に勝る美術館はないでしょう。また、他の美術館と異なり、新たな作品の収集にも熱心です。これは、国立では不可能です。第2位は、西洋美術館です。質は、大原美術館に十分対抗できます。ただし、新しい作品の収集は難しいと思います。第3位は、愛知県立美術館です。この美術館は優れものです。名古屋財界人の心意気を感じます。第4位はひろしま美術館です。通俗的だと思う人も多いと思いますが、僕は好きです。第5位は豊田美術館です。現代美術を理解できる人には、ベストの美術館だと思います。残念ながら、現代美術を理解する能力はありません。

  • 本当にためになった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1944年大連生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。同大学院入学。文学博士。東京大学教授、国立西洋美術館館長、文化庁長官などを経て、現在、日本学士院会員、東京大学名誉教授、山梨県立美術館館長。著書に『古代都市ローマ』『皇帝たちの都ローマ』『逸楽と飽食の古代ローマ』『文化立国論』など。本シリーズ編集委員。

「2019年 『興亡の世界史 人類はどこへ行くのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青柳正規の作品

ツイートする
×