知識ゼロからの人脈術

著者 :
  • 幻冬舎
2.86
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344901742

作品紹介・あらすじ

ビジネスを成功せさ人生を豊かにする魔法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「自分の利益だけを考えて人脈を作ろうとしてはいけない」
    といったことを、書いているにも関わらず、本文では
    「人脈を作ると自分にこんだけいいことがある」的なコトを
    強調し過ぎていると感じ、少し不快になった。

    個人的には
    本田直之著『レバレッジ人脈術』の方が好き。
    人脈を「ギブ&テイク」で考えるよりも、
    「コントリビューション(貢献)」で考える方がいいと思う。

  • 漫画、図が多いため読みやすい。内容については全体的に分かってはいるが実践出来てない事が多く、勉強になった。
    一番響いたのは、社長とサラリーマンの考え方や行動の違いの箇所。

  • 島耕作ファンなので楽しく学べました!

  • 課長島耕作の著者がマンガを使いながらビジネスマンの人脈術を紹介。
    マンガが使われているため非常に読みやすい。見開き1ページにつき、1つのテー
    マという感じなので、深堀は出来ていないが、ざっくりと人脈の作り方を知りた
    い人にはお勧め。

    以下、私なりのメモ。
    ・日本のおすそわけ精神が人脈形成のコツ。
    ・人脈マップを作る。
    ・贈答品履歴を作る。

  • ありきたりの話です

  • 仕事の営業マン主体に想定された人脈づくりの展開のように思えました。一個人的には人脈をつくることをビジネス主体で書かれている事もあり、ちょっとクールで冷静すぎている面を感じたりもしましたが、人脈を作り広げることの必要性は考えさせられました。

    すごく共感した部分も内容の中にはあったので、
    自分が無理をすることなく、実行したいと思えるところは、人生においての自分の視野を広げるためにもやってみたいと思いました。

    マンガ風の挿絵が必ずトピックごとに入っているので、
    短時間ですぐ読めたりします。

  • すべてが実践できる訳ではないが、身近にいる優秀な営業マンがデキる理由が分かった気がする。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

「2018年 『学生 島耕作 就活編(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

弘兼憲史の作品

ツイートする