知識ゼロからの京都の神社入門

著者 : 佐々木昇
  • 幻冬舎 (2010年9月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344902008

作品紹介

古都の開運・縁結び・家内安全・商売繁盛…ご利益別古社の魅力と歴史背景を解説。

知識ゼロからの京都の神社入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 京都のさまざまな神社が紹介されている本。
    割と寺社がひとまとまりにされている本が多い中で、このシリーズは、神社とお寺を分けているため、より細かい小さな社まで掲載されています。

    京都好きで、かなりマニアックな神社も訪れていましたが、それでもまだまだ知らない、おもしろそうなところがあるとわかりました。

    例えば、秀吉が名付けた「満足稲荷神社」や名前がよい「幸神社」(さいのかみのやしろ、と読むそうです)など。
    「繁盛神社」なんてあらかさまな名前のところもあるとは、ちょっと意外でした。
    太秦の「大酒神社」には、前に偶然通りかかってお参りしたことがあります。

    八坂神社がお祀りしている牛頭(ごず)天王は、インドの祇園精舎の神で疫病よけに効くとされ、日本ではスサノオの化身とされたそうです。

    また、糺の森の「糺」の意味が気になっていましたが、神々が下りる場所だとわかりました。

    ビギナー向けと言うよりは、京都を知っている人を対象にした本のようです。
    ただ、数多くの京都の神社が紹介されているのに、巻末に索引がないのは不便だなと思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

佐々木昇の作品

知識ゼロからの京都の神社入門はこんな本です

ツイートする