健康診断で肝臓の数値が気になるとき読む本

著者 : 泉並木
  • 幻冬舎 (2011年8月4日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344902299

作品紹介

自覚症状がなくても脂肪肝といわれたら。お酒だけではない、日常生活で気をつけたい14のルール。

健康診断で肝臓の数値が気になるとき読む本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「沈黙の要塞」はスティーブン・セガール、「沈黙の臓器」は肝臓ですね。年中無休の働き者で最大の臓器、自覚症状が出にくいので肝機能数値でSOSを知ることが重要になるそうです。①まず、ASTとALTの確認→次にγーGTP、ChE、総ビリルビン②腹八分目、適度の運動、十分な睡眠③酒を呑み過ぎない④薬、栄養剤、サプリメントを飲み過ぎない⑤肝臓に効く食材は、納豆、豆腐、ナス、キャベツ、ニンニク、シソ、ゴマ、ウコンなど

  • 先日、健康診断がありその結果が返ってきた。本のタイトルの通り肝臓の数値が気になったので図書館にあったこの本を借りてきた。私はほとんど酒は飲まないが脂肪肝なのでASTとALTとも標準より高いと診断された。基準の数値は医療機関により基準値は異なるので何を信じていいかよくわからないものの、数値を下げる努力は必要で、脂肪肝を治す薬はないということで、運動と食事で何とかしなければならないことがわかった。沈黙の臓器といわれる肝臓はこういった数値で管理しなければ自分の感覚に頼っていてはダメなのだろう。

  • 解った

全3件中 1 - 3件を表示

泉並木の作品

健康診断で肝臓の数値が気になるとき読む本はこんな本です

健康診断で肝臓の数値が気になるとき読む本を本棚に登録しているひと

ツイートする