賢人の「思想」活用術

  • 幻冬舎
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344902763

作品紹介・あらすじ

思想の"間"を移動していくことは、「旅」と同じ。さまざまな思想の世界へ足を踏み入れて、その"間"を移動していくことにより、自分の確固たる思想が形成されていくだろう。今を生きるヒントは過去の思想の中にある。図解を使って、第一人者がやさしく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラッカーやニーチェの思想の一端を分かりやすく図解入りで紹介した本。入門書としていいのでは。

  • スランプ脱出のヒントを求めて

    プラクマティズムは問題発見力
    ①私達は間違う。だから、常に疑う態度が必要。
    ②人の意見に耳を傾ける。
    ③問題は必ず解決することができるという前提で議論しその方法を探求し続ける。

    話し合いでは「結論」ではなく「合意」を探れ
    ①全員が理解できる言葉
    ②相手の意見を全否定しない
    ③人の話をよく聞き誠実に話す

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

「2018年 『宗教と生命 シリーズ:激動する世界と宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

賢人の「思想」活用術のその他の作品

賢人の思想活用術 Kindle版 賢人の思想活用術 佐藤優

佐藤優の作品

ツイートする