うつ病は漢方で克服する (経営者新書)

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344952409

作品紹介・あらすじ

かつて、「心の風邪」と表現されていたうつ病。しかし、その症状は、気分の落ち込み、過剰な不安など、心の症状だけとは限らない。抗うつ薬や抗精神病薬では改善されないうつ病には、心の面だけではなく、頭痛、めまい、腹痛などの体の不調にも焦点を当てた治療が必要になってくる。心と体の不調から脱却するための漢方の使い方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 抗うつ薬や抗精神病薬では改善されないうつ病には、心の面だけではなく、頭痛、めまい、腹痛などの体の不調にも焦点を当てた治療が必要になる。本書では、心と体の不調から脱却するための漢方の使い方を紹介する。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

医師、アリスクリニック院長。

日本医科大学卒業後、同大付属病院内科に勤務する。その後、救急指定の東戸塚記念病院内科に転勤し、救急医療の現場で、心の傷と身体症状の密接な関係に気づかされ、心療内科的医療の道へと進むことを決意。2002年、横浜市戸塚区に心療内科、内科、皮膚科を主な診療科目とする「アリスクリニック」を開業した。

「この患者さんに立ち直ってもらいたい」「幸せになってほしい」という気持ちが、心療内科医としての著者を支え、地域医療に取り組む原動力となっているという。

著書に『うつ病は漢方で克服する』(幻冬舎)がある。



「2014年 『心と体を癒す総合医療』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うつ病は漢方で克服する (経営者新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする