間違いだらけのリハビリテーション (経営者新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344972964

作品紹介・あらすじ

目からウロコの簡単運動法。単純な「起立‐着席運動」こそ実は最も効果的なリハビリ法だった!従来の治療では改善しなかった患者の約8割が運動機能を回復。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 座位起立運動の大切さがよく理解出来る。麻痺則のリハではいけないんだね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

医療法人 羅寿久会 浅木病院 会長。
九州大学医学部卒業。九州大学神経内科(黒岩義五郎教授)での5年間の研修、ニューヨーク大学リハビリテーション科(ハワード・A・ラスク教授)での3年間の留学を経て、1981年に開業。リハビリ専門医として34年間で1万1千人の患者を改善させた実績を持つ。早期回復のための運動として、椅子を利用して立ったり座ったりするシンプルな「起立‐着席運動」を提唱し、脳卒中急性期の片麻痺、大腿骨頸部骨折、肺炎など、多くの疾患で効果を上げている。
『改訂 脳卒中リハビリテーションの要諦』(現代書林)、『図解 脳卒中 家庭でできる簡単リハビリ』(実業之日本社)などの書籍出版のほか、リハビリに関する論文も多数発表している。
日本神経学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医、日本内科学会認定医。

「2017年 『新版 間違いだらけのリハビリテーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三好正堂の作品

ツイートする