いちばんわかりやすい 彗星のひみつ

著者 :
  • 幻冬舎
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344977587

作品紹介・あらすじ

今世紀最大級!アイソン彗星が大接近!!彗星はどこから来てどこへ帰るの?いったい何でできているの?地球の生命は彗星に運ばれてきた?天からの文を読み解き、宇宙の謎に迫る!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見逃した大魚は二度と捕らえられんということか。残念無念。
    とにかく彗星なるもの、一度は見てみたいと巻頭の写真を何回か見つつ想う次第。

  • アイソン彗星いなくなっちゃったけど、本自体は面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

自然科学研究機構国立天文台准教授、天文情報センター普及室長。国際天文学連合国際普及室長。専門は天文教育と科学コミュニケーション。東京大学教育学部附属中学・高校教諭を経て現職。日本天文学会天文教材委員長、日本科学教育学会理事、日本サイエンスコミュニケーション協会副会長、天文教育普及研究会長などを歴任する。著書に『面白くて眠れなくなる天文学』(PHP研究所)、『地球外生命は存在する!』(幻冬社)、ほか多数。

「2018年 『どうなってるの?うちゅうとほし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

縣秀彦の作品

ツイートする