あなたを悩ます困った人 障害やこころの病気を理解する

著者 :
  • 幻冬舎
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344979468

作品紹介・あらすじ

空気が読めない、急な変更に対応できない、片づけられない、約束をよく忘れる、些細なことですぐにキレる、じっとしていられない、つねにマイナス思考、人のせいにする、なぜ?なんで?どうしたらいい?「困った人」と受け取られてしまう背景を知り、どう対応するかを具体的に示した1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「困った人」の特徴と対処法が、実例も引用して非常にわかりやすい。
    大切なのは1人で抱え込まず、信頼できる周囲の人に助けを借りて、最終手段として公的機関に相談するのをためらわず行う事。

  • 症例をみると、こういう人いるいるっておもいます。一瞬病気なのかと疑ってしまいます。
    まぁ色々な人が要るのでそういう人と上手く付き合うコツとして参考に
    困った人と受け取られる原因は障害やこころの病気にあるかもしれない

    発達障害も精神障害も 様々な要因が重なり合っています精神医者でさえ診断が難しく周囲の人たちが言及するところではありません。できることは障害で苦しむ人たちを理解してストレスにならない対応を考え周りも苦しまない環境を作ることではないでしょうか、

    冷静な対応
    表向きは相手の望むように否定的な言葉や態度で否定しない

    びょうきのせいと思う
    あなたは、というより
    私はこう思うという

  • 病気の程度に至らなくても困った人は多いと思う。

  • 病気とは判断出来ない「困った人」への対応策が書いてあるのかと思って、読んだ1冊。
    実際には精神病などの病気の実例しか載ってなくて、本来読みたかった内容とは程遠かった。残念…
    でも、1ページに書いてある内容もそれほど多くなく、近くに精神疾患の人がいて、その対応に困っている人が読むのであれば、悪くない内容だと思う。

  • 各病名に対し具体的な症状が箇条書にてリストアップさるている。一つ一つを周りにいる方に当てはめながら読むと、あの人はひょっとして!と思うこと有り。症例に当てはまるから必ずしも病気ではないとの注意書きがある。しかし、これだと思わずにはいられない人が周りにいます。しっかり話を聞いてあげましょうとか書いてあるが、それを避ける方法を教えて欲しかった。

  • 当事者がどうしたらいいかのアドバイスもあって、よかったです。
    見出しと説明が規則通りに並べて書いてあるのも、読みやすくてよかったです。

全6件中 1 - 6件を表示

柴田豊幸の作品

ツイートする
×