狂った裁判官 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.00
  • (2)
  • (11)
  • (47)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 152
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344980242

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんでこんな下品なタイトルつけちゃうかなあ。中身はそれほどへんでもないのに。

    最後の方の私怨丸出しのところはともかくとして、裁判官の興味深い本音が知れてよかった。
    裁判官と言えども「普通の人」だからねえ。ガチガチの正義の番人であって惜しいのはやまやまであるものの、そういったスーパーマン的なものを求めることは酷であることもわかる。うーん難しい。

  • 「狂った」という表現はややいただけないのでは、と思いつつレビュー。
    検察官が起訴した事件は99%有罪になるという、よく知られた慣習の説明から始まり、「裁判官には独立の原則があるにも関わらず、人事を気にするあまりに有罪判決を出す恐れがある」「裁判官という職業は激務であるため負担を減らすために和解を勧める可能性がある」「判決文の理由欄には本来必要ない記述がされている事がある(と、筆者は考えている)」「間違った判例によって判決が下される恐れがある」といった内容が書かれている。
    本書では裁判官を退官した理由が記されていますが、この点は相手(筆者の上司)の言い分が分からないので不問としました。
    疑問に思われた事に、第四章で小泉首相靖国神社参拝違憲訴訟の判決が長くなっていると批判していますが、両者の気持ちを慮る事はそれほど悪いことなのだろうか、と感じたことです(もし何かこの点について説明している本があれば教えて頂きたい)。
    以前に『つぶせ!裁判員制度』を読んだ際にも感じたことですが、ところどころに感情的な表現が見られて、そのことが本の評価を下げる事になっているのでは、と邪推をしてしまいました。

  • 特に先入観なしでフツーに読み終えたので、
    レビュー見たらあまりに評価が低いんで軽くびびった。

    法以外何者にもしばられないはずの裁判官も
    所詮サラリーマンに毛が生えた程度のものであり、
    組織や社会の呪縛からは逃れられないのだなあと。

    実体験からくる上記の話しはそれなりに説得力もあるが、
    たぶん興味がない人が読んだらすんごくつまんないだろう。


    個人的に司法ブームが来ているオトキタは
    引き続き陪審員制度と死刑制度についての
    書に手を出していきたいと思います。

    この夏、陪審員制度が熱いっ!
    そんな夏はイヤー

  •  裁判所についての暴露本。
     判決文が短い,とかいう理由の再任拒否で物議を醸した,叛骨の元裁判官が書いた本。自身の再任拒否についても触れる。
     東大理化を出て,司法試験に合格し判事になったという経歴をみればわかるように,大変頭が切れる。在職中から裁判所批判の発言をしていて,当局にとってみれば,再任拒否は当然だろう。逆に十年の任期満了まではクビにできずに判事経験を与え,彼の思想を実践させ続けてしまったところが皮肉である。

  • 裁判所に批判的な内部を知ってる人の書いたものということで興味があり,読んでみた。
    辞めさせられたような形だけに感情的なところは否めないものの,処理件数が成績評価対象となり,人事異動に影響するのは裁判官の独立に反する!とかいうところは,まぁその通りかなという感じ。
    蛇足判決はダメだとか,和解を勧めるのは裁判官がラクしたいからだとか,減点を恐れて無罪が書けない人がほとんどだとかは,一面的すぎる気はする。

  • [ 内容 ]
    法廷が開かれる前に、有罪の判決文をあらかじめ作成している裁判官。
    内心「無罪」ではないかと思える被告人に対して、自らの保身のために「有罪」を言い渡す裁判官。
    判決起案という煩雑な仕事を避けるために、脅してでも当事者に和解を強要する裁判官-。
    日本の司法システムがこうした「狂った」裁判官を生み続けてきたのはなぜか?
    司法改革を主張し、退官を余儀なくされた元裁判官が、「99%有罪」のからくりを解き明かす衝撃の一冊。

    [ 目次 ]
    第1章 裁判官の自己保身
    第2章 裁判官の脅し
    第3章 裁判官のサービス業化
    第4章 間違いを犯し続ける裁判官
    第5章 裁判官の人権
    第6章 裁判官の独立
    第7章 裁判員制度の嘘

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 99%有罪<br />裁判官がいかに束縛されているか、また官僚システムに犯されているかよくわかった。

  • 『裁判官の爆笑お言葉集』という本も同じ出版社でしたっけ。いたずらに挑発的なタイトルをつけるレーベルなのかと思いましたが、本文の論調を読む限り、著者が自分でつけたようですね。「裁判官」が狂っているというより、制度の限界という気がします……裁判官の独立という理念を支える制度が出来ていない中で個々の裁判官をいたずらに責めてもしょうがないのでは。というわけで、読んでいて筆調がやたら攻撃的なのがマイナスかな。

  • 元裁判官の書き下ろし2

著者プロフィール

同朋大学大学院人間福祉研究科・社会福祉学部准教授。臨床心理士。
名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程(心理学専攻)修了(文学修士、1982)。愛知県児童相談所に勤務(1983〜1999)。1999年より同朋大学社会福祉学部専任教員。家族援助論、児童福祉臨床研究などを担当。児童家庭相談、特に児童虐待防止ケースマネジメントを研究。
主な著書等:『児童虐待へのブリーフセラピー』(共著 金剛出版 2003)、『新生児医療現場の生命倫理』(共著 メディカ出版 2004)、「サインズ・オブ・セイフティ・アプローチ入門」(共著 そだちと臨床vol.2 明石書店 2007)。訳書として、『安全のサインを求めて』(ターネル、エドワーズ著 共監訳 金剛出版 2004)、『児童虐待を認めない親への対応』(ターネル、エセックス著 共監訳 明石書店 2008)

「2008年 『子ども虐待防止のための家族支援ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上薫の作品

ツイートする