知識無用の芸術鑑賞 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344980433

作品紹介・あらすじ

「芸術がわからない」というのは大きな間違いです。芸術の見方に正解はありません。美術館や展覧会に足を運び、作品に触れて感じて考えれば、印象派と後期印象派の違いがわからなくても「芸術がわかる」ようになります。ピカソのゲルニカからデュシャンの泉まで、仏像から彫刻まで、狩野派の襖絵から街中のオブジェまで、古今東西58作品58通りの芸術鑑賞の方法を提示します。教科書が教えてくれない「アート」入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号・704/Ka
    資料ID・310005959

  • [ 内容 ]
    「芸術がわからない」というのは大きな間違いです。
    芸術の見方に正解はありません。
    美術館や展覧会に足を運び、作品に触れて感じて考えれば、印象派と後期印象派の違いがわからなくても「芸術がわかる」ようになります。
    ピカソのゲルニカからデュシャンの泉まで、仏像から彫刻まで、狩野派の襖絵から街中のオブジェまで、古今東西58作品58通りの芸術鑑賞の方法を提示します。
    教科書が教えてくれない「アート」入門書。

    [ 目次 ]
    水差しと果物鉢(パブロ・ピカソ)
    睡蓮(クロード・モネ)
    幻想的風景―暁、英雄的昼、夕暮(サルバドール・ダリ)
    ルーアン大聖堂V(ロイ・リキテンスタイン)
    ビデオ・フィッシュ(ナムジュン・パイク)
    地獄の門(オーギュスト・ロダン)
    無題(ドナルド・ジャッド)
    太陽の塔(岡本太郎)
    東京ラッキーホール(荒木経惟)
    コンポジション(ピエト・モンドリアン)〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  若手芸術家の芸術品への眼差しが語られている。
     「知識無用」と謳いながらも、筆者は芸術の歴史を踏まえた上で、何が新しいのかを見所を紹介している。
     やはり芸術を楽しむには、それ相応の知識を持っている方がより一層楽しめる、ということを再確認。

  • 主に現代芸術の作品について、芸術とは一体何か、それを考える手助けとなるような紹介をしている。
    しかし、読めば読むほど、芸術というものが分からなくなってくることは否定できない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。作家・編集者、昭和女子大学非常勤講師。東京工業大学非常勤講師。主な著作に『ネットカフェ難民』『知識無用の芸術鑑賞』(ともに幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『はじめての批評』(フィルムアート社)、『流されるな、流れろ! 』(洋泉社)、『重版未定』『重版未定2』(ともに河出書房新社)、『編プロ☆ガール』(ぶんか社)、『労働者のための漫画の描き方教室』(春秋社)、『書くための勇気』(晶文社)、『ぽんぽこ書房 小説玉石編集部』(光文社)などがある。

「2019年 『無意味のススメ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川崎昌平の作品

ツイートする