凡人として生きるということ (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.38
  • (39)
  • (96)
  • (159)
  • (28)
  • (10)
本棚登録 : 847
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344980891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の言う「自由自在なオヤジ」こそが楽しめる評論かも。

    若者にはまず押井監督の「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を観てもらいたい。
    話はそれからだ。

  • 考え抜いて積み重ねられた人生観はみてておもしろい。自分もまだまだこれから積み重ねていかねば

  • 事象の見方も一方向からだけ、しかもそれすらメディアの報道を自分なりに分析してみました的な底の浅さを感じた。
    実体験のある人間の書いたものから感じる痛みのようなものは全く感じとれない。
    オヤジのことも持ち上げすぎで、とてもオヤジ世間の全般を分析しているとは思えなく、これまた浅い。

    眼目めいたものがあったのは、第四章のみ。

  • 自分の芯を持って戦ってきたからこそ感じ言わざるを得ない感じなのだろうな

  • すごい発見をしたわけではないですが、なんだか今までごちゃごちゃ悩んでいた頭が少しスッキリしました。病院の待合で1時間程度で軽く読めてよかったです。

  • 凡人としての、てすとー

  • 社会の歯車の一端を担うことの存在意義や、一つの物事に情熱を持って傾倒する美学を鋭く考察している。さすが映画監督だけあり世の中に伏在する本質を見抜いていて、独自の観点から顕在化させている。

    テーマが多岐に渡っていたが、著者がこの本を通じて世間に伝えたかったメッセージはこの一点「世間に傀儡されずに選択肢を広めよ」

  • もっと肩の力抜けよと。
    内容はもちろんのこと、文体も軽いし本当に肩の力を抜いて読めた。6章を読んでからもう一度1章を読みたい。
    ただ何につけても本音と建前があるわけで。ここに書かれたことを鵜呑みにするのも著者の意図とは違う気がする。

  • 数年前、仕事のことで「煮詰まった」時に読んで、心が軽くなった本。
    今は「煮詰まってるわけ」じゃないけれど、無性に読みたくなって再読

  • 失敗や挫折そのものが人生の醍醐味。
    胸にきました。
    こうしなければいけないってのは、ないのではないかってこと。要は心のままに、真に楽しい方に行きなさいってこと。

全134件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

押井 守(おしい まもる)
1951年生まれ。東京都出身。東京学芸大学教育学部美術教育学科卒。
映画監督・演出家。
タツノコプロダクションに入社、テレビアニメ「一発貫太くん」で演出家デビュー。
その後、スタジオぴえろに移籍し、「うる星やつら」ほか、数々の作品に参加。後にフリーとなる。
日米英で同時公開された劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(95)はジェームズ・キャメロン監督やウォシャウスキー兄弟ほか海外の著名監督に大きな影響を与えた。また、『紅い眼鏡』以降は、『アヴァロン』など多数の実写映画作品にも意欲的に挑戦を続けている。主な監督作品『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など。

「2019年 『セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)のその他の作品

押井守の作品

ツイートする