凡人として生きるということ (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.38
  • (39)
  • (96)
  • (159)
  • (28)
  • (10)
本棚登録 : 849
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344980891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 早くオヤジになりたい。
    オトナになるのとは楽しいこと。学生のころが人生で一番楽しいのだったら年を取る意味がないということを教えてくれた。面白かった!

  • 人間 押井守が書かれた哲学書です

    今という時代を生きるに当たって、社会が生み出した幻想に惑わされずに、自分を生きるための方法が書いてありました。


    押井守からみた社会、人間、家庭。

    参考になりました

  • 現実を見据え、極端に走ることなく、中庸を進むことが人間社会を生きる知恵

    多少の格差があろうと、それをおおらかに、いい加減に許してしまう社会が一番いい。

  • 映画監督、押井守さんが、主に若者について、あるいは若者に対してつぶやいた書。
    まさに、「つぶやき」というか、「叫び」というか、まぁそういう感じで、思いの丈を綴っている一冊です。
    私が思うに、このおじさんの言葉を一番に聞いて欲しいのは、若者たちのように思います。
    年季の入ったおやじだからこそ言える、人生訓がいっぱい詰まっています。

    冒頭、第一章「オヤジ論」の始めに「若さに価値などない」と言い切って始まっています。
    この第一章だけでも、若者に読んで欲しいと思います。
    という、とにかく面白いので読んでください。
    何かしら、得るものが有ると思います。

  • さすが押井。
    疑うという姿勢が貫きとおされており、易しい口調で伝わってくる。
    凡百の自己啓発書は吹き飛んでしまう。

  • 蜷川さんとの対談を読んで、興味津々での一冊目。
    まだ興味は尽きない。

  •  パトレイバー、うる星やつらなど、ある世代には特に絶大な支持を受けている押井守。常に見る人に訴えかける作品を作る押井守。そんな日本を代表するアニメーション作家が何を考えているのか、どういった物の見方をするのかと手も興味があって手にした一冊。
     社会の矛盾、社会の茶番、そんなところをぐいぐいと指摘してくれる。これまでの価値観を自由に火得ていくヒントになる一冊です。

    『新書ブックセンター』のブログにある書評
    http://shinsho.hatenablog.com/entry/2015/06/21/171413

  • 小難しい書き方ではないので素直に読める。
    自分の手元におきたい本かも。

  • 20121016

  • なぜか押井節に引き付けられる。

著者プロフィール

押井 守(おしい まもる)
1951年生まれ。東京都出身。東京学芸大学教育学部美術教育学科卒。
映画監督・演出家。
タツノコプロダクションに入社、テレビアニメ「一発貫太くん」で演出家デビュー。
その後、スタジオぴえろに移籍し、「うる星やつら」ほか、数々の作品に参加。後にフリーとなる。
日米英で同時公開された劇場版アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(95)はジェームズ・キャメロン監督やウォシャウスキー兄弟ほか海外の著名監督に大きな影響を与えた。また、『紅い眼鏡』以降は、『アヴァロン』など多数の実写映画作品にも意欲的に挑戦を続けている。主な監督作品『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など。

「2019年 『セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)のその他の作品

押井守の作品

ツイートする