思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)

著者 : 増田剛己
  • 幻冬舎 (2009年5月27日発売)
3.12
  • (8)
  • (18)
  • (31)
  • (15)
  • (5)
  • 本棚登録 :223
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981263

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有益なこともたくさん書かれていたが評判はさほど、のようで…インパクト強いタイトルのせい?


    著者がノートをとるようになってからの、気づきや関連書籍、そもそもノートを取る効用、手帳とメモとノートの違いとは…といったことがぎっしりと書かれています。

  • 記録し続けることで何かが見えてくる。見えてきたものを頭の中だけで終わらせるのではなく、それらを文字化して書いておくこと。ノートに書かれたことが後々の大きな決断の際に手助けとなるはずだ。

  • すこし過激なタイトルだが、パソコンを使わない理由は、手書きすると脳が活性化されて記憶でき、パソコンでは活性化されないので頭に残らず仕事に生かせないというものとのこと。個人的には賛成するが、パソコンの利便性をあまり書いていないので反対意見の人も多いと思う。
    この本にノートの書き方は具体的には書いていないので、それを期待する人には不向きな本である。イラストがあると変わるのだが。
    作家等の日記について記述している章があるが、これは不要と思う。

  • タイトルの文言以上のものは何もない。

  • ノート術の本の中で、一番参考になった。単純なことだが、メモとノートの考え方、シンプルな実践方法が学べた。有名人のノート術もいくつか紹介されていて興味深い。

  • 20150908
    捨てた

  • ノートとメモの使い分けが、思考、発想には必要ということのようだ。
    なかなか、メモをノートにまとめ直すことができないなぁ。

  • 横浜市立図書館 保土ヶ谷所蔵 所持×

  • アナログでの記入というのが如何に頭を使うか。Digitalとは違う効用があるようだ。

  •  タイトルよりも穏やかな内容で、著者の体験+古今のノート例で手書きとノートの効用をすすめる本。
     ちょっと書き方がエッセイ風というか、ゆるい書き方なので、「バリバリに続くノート術のノウハウが知りたいぜ!」的な人だと散漫な印象を受け、不向きと言えるかもしれません。
     しかし、著者が考えるノート術やそのコツって、著者自身の経験や著者が調べた古今の有名人のノート術から集積されているものだから、あまり截然と分けられるのも、それはそれで読みにくかったり説得力が無くなったりするだろうことも確かだと思います。

     テクニック的なことは類書と比較するとあまり書かれていない印象です。
     しかし、ノート術で大事なのは、とにかく自分の手を動かして書く、そしてそれを習慣にすることです。
     既存のレディメイドなノート術を苦行のように続けるのではなく、あれこれやってみて試行錯誤の中から自分に合ったノート術を作り出していく。その過程こそが重要だと僕も思います。
     そういう意味では、細かいテクニックをあれこれ書いておらず、それよりも手書きの効用など「手で書くことの重要性」に記述を割いている本書は、本当の意味でノート術について誠実に説明していると思いました。

     と言いつつも、本書から得たテクニックがあったりします。
     それまでは全ての情報を一元化しようと、全部ノートに集約しようとしてました。が、これをやめ、書き付け用のメモと、まとめて練るノートとの用途の分離と使い分けをしてみました。
     書き付け用メモは、後で破けるメモ帳的なもので、とにかく何でも書き付けるようにしています。持ち運びできて、後でちぎって捨ててもOKなのでとりあえず書き付ける、という位置づけです。
     その書き付けメモを後で見返し、必要なものノートに貼り付けるか書き写す、もしくは膨らまして書く、というのがノートの使い方です。気分が乗ればナンボでも書けますが、気分が乗らないときは最低限(必要であれば)「メモを貼るだけにする」と決めているので、変な気負いなく続けることができます。

     我々は、普段頭の中であれこれ考えているつもりですが、実は思考は堂々巡りをしていることがほとんどです。その証拠に、一度考えていることを書き出してみて下さい。びっくりするくらい筆が止まりますから。
     逆に、頭の中で漠然と考えていたことを書き出し、ノートの上に対象化することで、更に検討が進みます。
     更に、頭の中で漠然と考えていたことを吐き出した後、それを文章化しようとすると、それがいかに難しいかを痛感します。そして、その文章化の作業はそのまま思考を厳密にする訓練に直結します。これはパソコンでやるよりも、紙に手で書いた方が格段に効きます。何故かはよくわかりませんが、感覚的には「パソコン=おしゃべり、手書き=書き言葉・文章」という傾向があるように思います。
     

     ちょっと落ち着いてものを考えてみたい、という人に一読をオススメします。

全39件中 1 - 10件を表示

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)のその他の作品

増田剛己の作品

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)に関連する談話室の質問

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)はこんな本です

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする