子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.64
  • (21)
  • (41)
  • (33)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 295
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981997

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【子育て・教育】子供の才能は3歳、7歳、10歳で決まる/林成之/20160304(30/456)<172/35057>
    ◆きっかけ
    ・アマゾンで発見

    ◆感想
    ・ベターな子育てにいは、脳のしくみや働きを把握することから始まる。悪い習慣を除して、良い習慣を根付けさえることができるかがカギ。
    ・A10でポジティブなレッテル貼りが最初の関門、読み聞かせ+質問で思考的空間認知知能の向上、自主性を重んじることで、自己報酬神経群の向上など。

    ◆引用
    ・脳の機能を高め、パフォーマンスを上げるには本能を磨くこと
    ・脳内のA10神経群で入ってきた情報に対して、好き嫌いのレッテルを張る。プラスのレッテルをはられた情報はしっかり理解でき、思考が深まり、覚えやすい。
    ・脳の本能を磨き、心を育み、機能を発達せることを、一体になって考えること。
    ・繰り返し思考することで、考えは深まっていく
     ①物事に興味を持ち、好きになる力を身につける。=>楽しそう、好きになれそう、とポジティブにとらえる明るい性格を育む。先生や指導者を好きになる。
     ②人の話を感動して聴く=>すごいね、面白いね、と感動する力を育むこと
     ③損得抜きにして、全力投球する素直な性格を育む
     ④ムリ、できない、大変、など否定的なことを言わない
     ⑤目標に向かって一気に駆け上がる。コツコツはNG。
     ⑥だいたい分かったと物事を中途半端にしない。
     ⑦重要なことは復習し、繰り返し考える
     ⑧自分のミスや失敗を認める
     ⑨人を尊敬する
     ⑩類似問題で判断力を磨く。微妙に違う色遣いを判断させる(どっちの赤が好き?)どっちのリンゴがすき?どうして?
    ・叱る前に共感する(広いから走りたいよね?でも・・・だからやめようね)
    ・悪い習慣
     -物事に興味を持てない。感動しない
     -ムリ、できないなど、否定的な言葉を使う
     -後でやるよ、という
     -集中できず、途中で違うことを考える
     -だいたいできたところで止める
     -人の話を聞き流す
     -人をばかにする、尊敬しない
     -学んだことを確認しない
     -自分が失敗したことを素直に言えない
     -損得を考えて手を抜く
    ・学校から帰宅後に5分その日学んだことを話させる
    ・3歳~7歳:心と本能のギャップが生じやすい
    ・父親の役割:逃げ道になる+子どもと一緒に羽目はずすこと。
    ・正しい姿勢や歩き方に気をつける。=>なわとびは最良のトレーニング方法
    ・経験の数ではなく、経験のしかたを重視すべき。子どもが何に興味を示すかを注意深く見守り、関心のもったものは親子で感想を言い合いながら、じっくり見聞きする。
    ・思考的空間認知知能:空間の中で位置や形を認識する知能。ものを見て絵を描く、本を読んでイメージを膨らませる、身体のバランスをとって運動するなどに重要な役割を果たす。読み聞かせをし、ストーリーの先を考えさせるような質問を投げかけるなどする。例)あなたが主人公ならどうする?この続きはどうなる?うれしいね。かなしいね、などの会話を挟むと、共感を覚える。
    ・親からの指示:脳の機能を落とすだけ、自分で考えさせ、それをやらせる。自己報酬神経群:自分で決めたことを自分で達成したい。自分でやることをほうびとしてとらえている。
    ・自己報酬神経群の働きを阻害しないよう、子供に選ばせる。
    ・複数の情報を重ねると記憶が強くなる。
    ・勉強:体験記憶(記憶の中で最も記憶に残る)を導入する。勉強したことを、口にだして、実況させる。
    ・10歳以上の子どもにに父親がすること:背中を見せて、夢を一緒に語ること。
    ・脳が疲れた時:楽しい会話で疲労を除去し、A10を活性化させる。

  • 今、子育てをしたり、子育てをする必要があるわけではないけど、必要にかられて読んだ書籍。十分必要としていたエッセンスを得られた上で読んでよかったな。と読後も思う。世の中の教育や学びの中を語る書籍の中で「脳」にフォーカスを当てた内容でここまでコンパクトで分かりやすいものもなかったんじゃないかなぁ

    個人的には、将来的にパートナーとなっていただける方とまずは書籍の感想は共有したいのですが(笑)

  • センセーショナルなタイトルとは裏腹に、早期教育慎重派の本だった。3~7歳時は脳神経細胞は減少に転じる。きちんと育った脳神経細胞を育て、成育状態の悪い細胞を間引きするんだとか。0~3、3~7、7~10の教育方法が最適かどうかはともかくも、興味深い内容だった。子どもいないけど!

  • 0〜3歳は本能を徹底的に磨く→耳を鍛える
    3〜7歳は脳の土台をしっかりつくる
    7〜10歳以降は自主的に勉強させる

    脳を鍛える10の方法
    ①物事に興味を持ち、好きになる力をつける
    ②人の話を感動して聞く
    ③損得を抜きにして全力投球する素直な性格を育む
    ④「無理」「大変」「できない」など否定的なことを言わない
    ⑤目標に向かって一気に駆け上がる
    ⑥「だいたいわかった」などと物事を中途半端にしない
    ⑦重要なことは復習し、繰り返し考える
    ⑧自分のミスや失敗を認める
    ⑨人を尊敬する力をつける
    ⑩〝類似問題〟で判断力を磨く

  • 科学的に裏付けされた年齢毎の関わり方については大変参考になった。

  • めっちゃよかった!考え方 気持ちの持ちようを脳科学の観点から読みとく本。臆病だったり後ろ向きな気持ちも 脳科学的にはきちんと機能し自分を守ろうとしている証拠で 脳のクセを理解したら前向きに持っていける。
    記憶の仕方にも4種類あり それによって記憶の定着が変わることは 記憶の低下に苦しむ大人にも超参考になった(^ ^)

  • 耳のトレーニグと水泳は取り入れるつもりです。

  • [メモ]
    0-3歳は好きになる力を育てる

    「興味を持ち、好きになり、感動すること」の喜びを共に味わう
    失敗には「がんばったね!」と励ます

    遊びの中で真剣に競争する(全力でがんばれば、勝てる を経験する)

    高いところに登るなどの危ないことも含め、子どもの「やりたい!」を見守りつつ応援する(ダメ!を出来るだけ言わずに済むよう、存分に挑戦できる環境を整えてあげる)

    興味を持ったことをとことん応援する

    言葉がわからない段階でも、いつも楽しんでコミュニケーションを取る

  • 脳の発達過程から、子どもとどう接すれば良いかを書いてくれていて、分かりやすい。子どもへの脳トレですが、会社の部下育成も同じな気がした。好きになり、感動して、物事に一直線に真剣に取り組む!失敗を認めて、課題を克服する。類似問題で決断力を磨く。会社でも応用全然効きます!さっそく、会社の教育で使わせてもらいました。どこまで実践できるか!?頑張るぞ!

    あと、覚えといた方が良いメモ。
    ・仲間づくりは本能。
    ・友だち関係には要注意!

    この話を全員が知る必要はないが、有識者を少しでも増やして、身近な存在にアドバイスができる人がいる、という社会くらいは作れないかな〜。先生に質問するのはハードル高いけど、知り合いに軽く話すくらいは誰でもできる。そうやって、知識拡大して、常識化できないかな〜。子どもが笑う社会は、とってもいい社会だと思う。

  • A10神経群、同期発火、読書で空間認知脳を育てる、自己報酬神経群

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年富山県生まれ。脳神経外科医。前日本大学大学院総合科学研究科教授。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターに留学。1993年、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長に就任。2004年第1回国際脳低温学会会長。2008年には北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について講義を行い、結果に大きく貢献する。著書に45万部の『脳に悪い7つの習慣』などベストセラー多数。

「2018年 『脳が認める最強の集中力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)のその他の作品

林成之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
大前 研一
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!―脳を鍛える10の方法 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする