内部被曝の真実 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.68
  • (24)
  • (36)
  • (35)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 372
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982291

作品紹介・あらすじ

福島原発事故では、広島原爆20個分以上の放射性物質が放出された。放射線による健康被害が科学的に証明されるまでには時間がかかる。安全か危険か議論するより前に、国が「測定と除染」に今すぐ全力を挙げなければ、子どもたちと妊婦を守れない。「民間のノウハウを集め、最先端機器を使って全国の産地で食品検査を」「低線量の膨大な放射性物質を処理するための法律の整備を」-内部被曝研究の第一人者が、政府の対応を厳しく批判しつつ具体的な対策を提言して大きな反響を呼んだ、国会でのスピーチを全文採録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 専門家とは、
    ・危険なことがあったら、これは本当に危険だから、苦労があっても何でもやっていこう国民に伝える。危険を危険だとはっきり言うのが専門家。折り合いをつけることではない。

    ・歴史と世界を知り、本当の危機が顕在化する前にそれを防ぐ知恵を教える人でなければならない。

    ・専門家には想定外があってはならない。想定されたリスクを瀬に、正しく伝えなくてはいけない。

    との言葉にただ納得。
    そしてまた、そのことを思うと、本当の専門家は日本では重用されていないのだと改めて思いました。

  • 疫学的に証明されなくても、因果関係が無いということが証明されたわけではない、極端な症例が最も重要な警報であると、著者は警告する。母乳中からのセシウム137の検出の問題に関し、低放射線量の被曝の影響についてもチェルノブイリの事例をあげ、汚染地の除染について具体的な対策を主張する。国民に本当のことを言う前に政治家や経済人になってしまった科学者では無く、危険な事を危険だと言う専門家の矜持を捨てなかった一人の科学者の勇気と行動が本になった。

  • 国や東電を批判している有名どころの科学者や医者の本を何冊か読んだけど、この本はそれらの人たちと少し違った趣がある。

    ”人が汚したものなら、人がきれいにできないわけがない。そのために全力を尽くすのがわれわれ科学者の責任である”p.136

    「今日本が持っている科学技術の力を結集して除染につとめ、日本の国土を元に戻そう!」という強い気迫が伝わってきて、読んでいるこちらも前向きになれる。

    まだ読んでいない人には、ぜひおすすめしたい。日本にこんなに熱く、立派な科学者がいるんだ!

  • まだ何も終わってないことを痛感する。専門的な内容も多いが今後長くつきあわなければならなくなった放射性物質について整理できる。専門家というもののあるべき姿についても共感した。

  • 「私は国に満身の怒りを表明します」
      「7万人が自宅を離れてさまよっているときに、国会は一体、何をやっているのですか!」

    福島原発事故では、広島原爆20個分以上の放射性物質が放出された。国が「測定と除染」に今すぐ全力を挙げなければ、子どもと妊婦を守れない。
    YouTubeで100万回以上も再生されて大きな反響を呼んだ、正義の科学者による魂の国会スピーチを完全採録。
     さらに
    ■国会でのスピーチに寄せられた疑問・批判への回答
    ■ヨウ素被曝と子どもの甲状腺がんの因果関係の立証には長い年月がかかることを、今から2年前にすでに警告していた論考
    ■国会出席を決断するにいたった南相馬でのある1日について書き下ろした「私はなぜ国会へ行ったか」
    を加えての緊急出版!

  • 7月27日の衆議院厚生労働委員会において、渾身の力をこめて、政治家の無策と、今後の福島での除染についての提言をしていた、東大アイソトープ総合センター長の児島氏による著作。厚生労働委員会での発言、その後のQ&A、配布資料の再収録。また、チェルノブイリ事故後20年にわたって継続的に行われた調査の結果判明したセシウム137の長期内部被爆による膀胱炎のメカニズムも詳述。専門的な内容だが、非常にわかりやすい。良書。

  • 2011/9/11 Amazonより届く。
    2011/9/11〜9/15
    東京大学アイソトープセンター長である児玉教授が、7月27日の衆議院厚生労働委員会での全発言を含む現在の日本に突きつけられている放射性物質の脅威についてまとめられた本。委員会での涙ながらの発言はYou Tubeでも、もの凄い閲覧数をカウントしている。
    ここには、真の科学者がいる。全国民必読の書である。
    しかしこれだけの危険性が指摘されているにもかかわらず、未だほとんど有効な対策を政府が立てられないのは、重大な国家の犯罪であろう。

  • YouTubeにアップされ大きな反響を呼んだ国会でのスピーチが全文採録されています.私も研究者の端くれとして使命感を持って取り組みたいと思います.

    (1) 最新の技術を駆使した食品検査を
    (2) 住宅の汚染を検査する“すぐやる課”を
    (3) 自分達で緊急的除染をするときは土ぼこりに厳重注意
    (4) 行政による長期的な除染は住民の同意のもとに

    というのが本書の提言内容となります.これ以外にも重要事項が数多く散りばめられています.とりわけ専門家の役割について強く言及されている書です.

  • たまたま震災から1年後の平成24年3月11日に読了。児玉教授が国会で話してから半年以上経つのに何も進んで無いことに愕然とさせられる。
    「科学的に認められないということは、あくまで認められないということで、起因しないと結論しているわけでは無い」

  • 2011年刊。◆東大アイソトープ総合センター長たる著者が、南相馬市での除染経験やチェルノブイリ原発事故の教訓を踏まえ、国会にて答弁した内容を載せたもの。重複の多さを割り引いても、今こそ読む価値あり。著者の問題意識は、大量に環境に撒き散らされた低線量かつ長期間の半減期を有する放射性物質が、飲食物等を通じ体内に取り込まれることによる被爆(内部被爆)である。これは除染しか有効な手立てはなく、放置すれば濃縮された上記放射性物質が食物連鎖の関係で人間にどんどん取り込まれていく。これは再稼動とは異なる今の危機なのだ。

全64件中 1 - 10件を表示

内部被曝の真実 (幻冬舎新書)のその他の作品

児玉龍彦の作品

内部被曝の真実 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする