パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書)

著者 : 磯部潮
  • 幻冬舎 (2012年7月28日発売)
3.58
  • (4)
  • (9)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982666

作品紹介

突然息が苦しくなる「過呼吸」は、「パニック発作」と呼ばれる症状の1つ。一度や二度なら心配ないが、発作が続く、発作が不安で電車に乗れないなど、日常生活に支障が生じたら、それは「パニック障害」かもしれない。50人に1人の割合で誰でもかかる可能性がある「パニック障害」。発作や、発作への恐怖は辛いので、つい薬に頼る人が多いが、実はパニック障害は、薬なしのほうが早く確実に治る。発作への対処法、不安のコントロール法を専門医がアドバイス。

パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パニック障害は、50人に1人の割合で誰にでもおこること。
    特別なことではない。

    この著者は、薬で対処するよりも、認知行動療法を取り入れることを中心としている。
    数人の患者さんの例を順を追って出してくれているので、理解がしやすい。

  • 精神疾患というのは
    得てして無理解ということが起こりやすいと思います。
    現実にパニックになる人をせっついたり
    けなしたりするのは逆効果だということ。

    それと女性が多いですが、
    男性が発症するケースもあります。
    本中の症例の一つは男性で、
    なかなか治りづらいケースとして紹介されています。

    それと、一度壊れてしまった
    コントロール機能を治すには、
    相応の時間が必要だということ。

    思い込みを変えないといけないことや
    きちんと体の緊張を取ってあげること
    さらに、壊れた体のコントロール機能を
    少しずつ戻す生活スタイルを樹立すること。

    この按配は本当に難しいんですよね。
    だからこそ、しかるべき場所、
    よい先生に出会えることは
    だいじなんでしょうね。

  • いくつかのケースと実際の治療セッションの流れがコンパクトにまとまっていて,とても理解しやすい。コンパクトにまとまっているため,CBTやエクスポージャーの細かい点は省かれてはいるが,パニック障害の対応をざっくりと理解する上での要点はつかめると思う。

  • 薬による治療の弊害と認知療法の進め方について。順を追って進めていくのは一人では難しいかも知れない。「パニックを起こす原因は、実際には存在しない。患者の心が作り出したものである。」と認識できれば治療が進むように感じた。

  • 【速読(前半ほぼ飛ばし)】投薬治療は可能な限り抑えめに、認知行動療法でドドンといきましょう、というタイプの本で、その方法を漏らさずかつ簡潔に記しています。あまり呼吸については意識してませんでしたけど、確かに緊張といえば深呼吸て無意識にやってますね。これからは浅めで。一番の収穫はストレッチ法。自分の場合は足元からくるので、これは実践したいということでその所作をメモしときます。そして全か無かの思考も…。

  • ≪目次≫
    第1章  「パニック障害」と「過呼吸」
    第2章  すぐ治る人、なかなか治らない人
    第3章  薬を使わずに「パニック障害」を治す
    第4章  自分を見つめなおすチャンスとして

    ≪内容≫心療内科の専門医によるアドバイス。「パニック障害」の定義から治療法まで(ただし、自分でできるものは限られる。医者のカウンセリングを基に自分でおこなうこと)書かれている。実際の事例を基にした内容なのでとてもわかりやすい。一方で、いつ誰でもかかる病気なので、怖さも感じる。
    学校図書館より。

  • 過呼吸とパニック発作の関係性について述べ、それを踏まえた上での治療法について書かれている。
    私の周りでも同様の症状を持った人がいるので本書に書かれている対処法を実践していきたいと思う。
    特に呼吸法を身につけることや考え方を変化させることのコツのようなものが書かれてるが、素人でも実践しやすいのが良い。

  • 著者によれば、パニック発作と過呼吸は同じものということ。本によっては違うもので、ペーパーバッグ法などの対応も違うと言っていたりしたのだが。
    著者は、薬の使用の依存症などのデメリットを掲げて、全面的に行動認知療法での治療を説きます。
    そして、自分で治そうと努力する人は必ず良くなるということ。そして、性格も変わることができるということです。
    わたしも、パニック発作に苦しんで薬に頼らざるを得なかった時があったので、この方法でやってみたいと思います。

  • 私はパニック障害ではないけれど、体調を崩した時、過呼吸になったことが、ありました。
    私の周りにも、パニックで苦しんでいる人がいます。
    理解して、付き合っていきたいと思い手にとった本でした。
    パニック障害には、呼吸法やリラクゼーションなどの、認知行動療法が効果的と言われています。
    いつか、彼女が心から安心して人生を送ってくれる日を願っています。

  • 過呼吸時の呼吸法

    (1)リラックスできる体勢になる。
    (2)10秒息を止める
    (3)「リラックス」「落ち着こう」などと呟きながら、3秒吐いて3秒鼻から吸う。
    (4)1分後に(2)に戻る。
    (5)過呼吸の症状が解決するまで繰り返す

    普段からの練習が大切。

全11件中 1 - 10件を表示

パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書)のその他の作品

磯部潮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書)はこんな本です

パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする