僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.63
  • (33)
  • (70)
  • (60)
  • (16)
  • (3)
  • 本棚登録 :632
  • レビュー :64
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982888

作品紹介・あらすじ

ここ二十年の経済停滞からくる個人の生きづらさを反映し、益のない個人叩きや、意見・提言へのバッシング合戦が横行する日本。でも僕らには時間がない。一刻も早く、ポジティブな改善策を出し合い、社会を少しでもアップグレードさせなくては―。注目の若手評論家が、政治・経済、社会状況のバグ(問題)を総チェックし、解決のためのフレームを提示。誰かを採点し続けるのではなく、自ら当事者として社会を変えていくための実効性ある方法を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラジオでは現在のSession22の前、Digの時代から、ポッドキャストで聴いていたので、たまには著書も読んでみようでした。

    まぁ内容については、自分にとって上述のバックボーンがあるので、これといって目新しい事はなしでしたが。

    何方かの書評からのコピペですが、
    「文句ばかり言わずにTake Actionしましょ。」
    ということです。

  • 感想:
    タイトルから得た予想に反して,社会や政策について考えるきっかけになりそうな本

  • ラジオSession22でパーソナリティとしての著者は知っていたが、著作を読むのは初めて。
    とても冷静に論理的な視点から、社会問題への考え方、関わり方などを教えてくれる。ここまでバランスを保ちながら鋭い切り口の文章をかける人はなかなか居ないのではないか。
    ラジオでは、パーソナリティに徹してそこまで自分の主張を全面に押し出さない印象であったが、かなり熱い人であることが判明した。
    制度を議論するときには、社会全体の中にその制度がきちんと組み込まれているかという「構造要因」、その制度の設計が適切になされているかという「制度要因」、制度がうまく行くかどうかは景気にも大きく左右される「景気要因」、これら3つの要因を複合的に考えないといけないのである。

  • 的を射ていた。社会起業家的な発想だし、日本の諸問題の解決法がしっかりと考えられている。この人の他の本も気になる。

  • ニュースの見方、政治への関心の持ち方のヒントがある。

  • 現代の日本の社会問題について幅広く論じられている。これらの問題に対して、政治家にまかせるのではなく、一歩踏み込んだ行動を多くの人が取ることで解決に近づけるのではないか?あなたはなにをするのか?ということを読者に問いかけてきます。

    制度について議論するには「構造要因」「制度要因」「景気要因」という3つの角度から丁寧に分析すること。
    政策の是非を問う3つの視点:「費用対効果」「副作用」「国民益」
    議論の正当性:「根拠」「解決策」「倫理」があるかどうか
    この3つを覚えておきたい。

  • 荻上チキ『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』読了。社会へのコミットの方法。選挙やデモ以外の社会を変える方法。技術、経済、政治、文化それぞれのアプローチ。それはつまり問題は一点突破では解決しないことを示している。ダメ出しではない、“ポジ出し”の思想。批判だけではダメだ。

    例えば、病気を治すには、薬を投与する。手術をする…以外の対処があって、食生活を改善する、生活リズムを変えるなど…直接病気にアプローチする以外の方法。

    チキさんは政策論においても同じことが言えるということを本の中で示唆してくれている。

    この視点は問題の解決法はもちろん、問題の本質を明らかにすることにおいてもとても大切なもので、感情論で物事に対処しないための重要な指摘であると言える。

    この視点に気づかされてからは、事象へアプローチする方法が自分でも変わったと自覚している。

    今、1番面白い評論家である。

  • 情報を収集し、正しく分析すること。そして、その問題のどこにじふは位置し、何ができるのかを問い続けること。すべての問題を全力で考えるだけの能力も体力もないので、私は教育と精神科医療について考え、行動しようと思う。批評家でなく、主体であること。仕事場でも同じだと思う。

  • 中学生の時、私の「おしゃれなシャープペンシルを使いたい」という小さな望みが、校則?によって禁止されようとしていて、そんなのおかしいと言ってたら、どういう経緯か生徒集会の議題となり、禁止の理由が「生徒から」色々挙げられた。
    ・シャーペンの芯は折れやすいから床が汚れる
    ・シャーペンを使わないのが我が校の伝統だから…
    今考えると笑っちゃうような話だけど、当時のせまい行動範囲の中で、無力感や理不尽さを感じるには充分の話が、学校側と生徒の間ではなくて、自分のすぐ隣に大きく広がってた。多分、社会の中で生きようと思ったら、これは一生ついて回る話。
     自分ではいたって「普通」の感覚のつもりでも、そこにたまたま集まった中で少数だと、それは普通じゃなくなっちゃうってことは、どこにでも転がってる話。その一つ一つ全部「闘」わなければ手に入らないなら、闘いたくない。
     そう!出来るだけ望む通りに自由になりたいけど、そのために誰かと、何かと闘いたいわけではない。

     ならどうしたらいいか、と言う話がこの本には書かれている。

     特に第三章で、荻上さんが電事連がスポンサーの番組への出演を断わった経緯について書かれたところは示唆に富む。「世間」の騒ぎの大きさへの心配を「矮小化」と表現できる筆者の強さは、完全超悪時代劇より私には痛快。

     息子には、出来る限り望む通り、自由に生きて欲しいと願うから、自分の中に本質的な生きる楽しさを見いだして欲しい、今日出来なかったことが出来るようになったとか、小さくてもポジティブなことを積み重ねて。そして、社会で生きて行く以上、本質的な優しさを持てる強さを身につけて欲しい。

     追伸 このような本を書く方が子どもたちが独り立ちして行く社会の、ちょっと先を生きているのだから、未来は明るい、と思うのは楽天的過ぎるかなぁ?

  • 他国の経済成長のグラフや都議会の速記録など、きちんとデータを元にした議論で、政策を評価する視点やら、その議論の正当性も列挙されていると感じられる。

全64件中 1 - 10件を表示

僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)のその他の作品

荻上チキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
大野 更紗
國分 功一郎
朝井 リョウ
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)に関連する談話室の質問

僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)はこんな本です

僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか 絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする