大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)

著者 : 辨野義己
  • 幻冬舎 (2012年11月30日発売)
3.74
  • (14)
  • (23)
  • (16)
  • (2)
  • (3)
  • 154人登録
  • 31レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982918

作品紹介

日本人は一生に約8.8トンの大便をする。が、ふつうはそれから目を背けて生活している。しかし、便とは自らの健康状態を知らせる体からの「便り」である。では、そもそも大便とは何でできているのか。固形成分の3分の1を占め、大腸内の環境に多大の影響を及ぼす「善玉」「悪玉」と呼ばれる腸内細菌は、それぞれどんな働きや悪さをするのか?大腸と腸内細菌の最前線を読み解き「大便通」になることで「大便通」が訪れる、すぐに始められる健康の科学。

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の辨野義己(べんのよしみ)さんは、れっきとした理学研究所の研究員です。
    腸内細菌を研究し続けて6000以上の便を分析してきたそうです。
    まさに大便通!ここまでくると凄いとしか言いようがないですね。
    大便の成分の80%は水分、残りの20%が固形成分で1/3が食物残渣、1/3が腸粘膜、1/3が腸内細菌だそうです。
    腸粘膜は、皮膚と同じでたえず新しく入れ替わっているので垢のようにかなりの量が便になって出てきます。
    腸内細菌は、便1g当たり1000万~1億いるというのですから、まさに便は細菌の塊みたいなものですね。
    なんとヒトは、一生(80歳として)で8.8トンの大便をするそうです。
    あー驚いた!

    http://ameblo.jp/nancli/entry-11573469575.html

  • 世界中の誰よりも多くの大便を見てきたと自負するうんこ博士ベンノ先生が書いたうんこの本。役立つ情報が満載であることに加え、飾らない文章が非常に魅力的。毎日のうんこに気を配るようになった。腸内細菌のバランスをコントロールしよう。コアラの食糞文化は初めて知った。

  • うーん、悪くはないと思うんだけど、なんかすっきりしないんだよなあ。まるで便秘のように。

    というのは、データがほとんど提出されていないから。
    「食の欧米化」って言うけど、具体的にどういうもの?食の欧米化で大腸がんが増えたんなら、欧米人はもっと多いはずじゃないの?肉の消費量が15倍だから摂取しすぎってほんと?「きわめて足りない状態が15倍になって適正量になった」ってこともありうるんじゃない?などなど、疑問に思う記述がけっこうあるんだよね。

    腸年齢を推定するアンケートも恣意的。「肉が大好き」にyesだと腸年齢が上がるんだけど、「肉は大好きだけど野菜をたくさん食べることを心がけている」人だってたくさんいるはず。

    てことでもやもやが多い本でした。いや目の付け所とか、基本的な主張はいいと思うんだけど。

  • 私たちは、ほぼ毎日大便という体からの「便り」を受け取っている。
    それは自身の健康状態を確認するのに大切な便りである。
    また、食生活を見直すのにも役立つ。

    理想的な大便は、黄色がかった褐色で、悪臭ではなく発酵臭がする。
    それには腸内環境を、善玉菌優位にしないといけない。
    よい大便のためには、食物繊維、発酵食品を積極的に食べることが大切だ。
    これからは食事にヨーグルトを取り入れようと思う。

  • 腸内の善玉菌の多さは大切。
    ヨーグルト、ヤクルト、野菜。
    良い便通を。
    ・メモ:エストロゲン(女性ホルモン)は乳ガンのみリスクを高める。

  • 腸年齢・腸内細菌が予防医学に及ぼす影響など興味深く読みました。『大便は自分でデザインするもの』この最終章の部分が重要なのですね

  • 日々良い大便を出すためにはどうしたらよいかを腸内細菌研究者がわかりやすく解説。時折、笑いを狙ったような書きぶりがあったりとサービス精神満載だ。続編も読んでみたいと思わせる良書だ。
    P13
    これまで多くの人の大便を集めてきました。大便を提供してもらった人の数は、おそらく6000人を超えているでしょう。
    P15
    大便は単なる「食べカス」ではありません。多くの人が勘違いしているのですが、食べカスは大便のほんの一部です。実をいえば、大便の大部分は水分が占めています。下痢の場合は90%以上が水分で、これは誰でも「なるほど」と納得するでしょう。でも、ふつうの健康な大便でも、重量の80%は水分が占めている。
    〜では、それ以外は食べカスかというと、そうではありません。〜食べカスはたったの7〜8%しか含まれていないのです。〜水分を除いた固形成分の中には、はがれた腸粘膜も食べカスと同じくらい含まれています。〜固形成分の3分の1は食べカス、3分の1は腸粘膜だとすると、残る3分の1は何でしょうか。実はこれが、私の研究対象にほかなりません。それは、腸内細菌です。
    P49
    古代中国や李氏朝鮮時代までの朝鮮半島には、「嘗糞」と呼ばれる文化があったといいます。人間の大便を嘗めて、その味で健康状態を判断する。儒教の世界でも、子供が老いた親の健康管理のために大便を嘗めることが親孝行とされました。
    P92
    過剰な肉食は腸内に悪玉菌をのさばらせます。それがさまざまな病気の引き金になるのですが、大腸がんに関していえば、とくに問題なのは動物性脂肪。これの摂取量が多いと、大腸がんのリスクが高まるのです。
    〜2000年の調査によると、アメリカ人が1年間に食べる肉の量は、1人あたり平均125.7キロでした。1日におよそ350グラムほど食べている計算になります。〜大きめのステーキを毎日2枚と考えると、相当なものです。
    〜こんな食生活が、アメリカにおける大腸がんの死亡率を増加させました。それを後から追いかけているのが日本であることは、いうまでもありません。
    〜日本人が年間に消費する肉の量は、1人あたり平均45キロ。アメリカ人の3分の1程度ですから、大したことはないと感じる人もいるでしょう。しかし50年前と比べて15倍にも増えているのは、やはり問題です。〜このペースで増えていけば、すぐにアメリカと同じレベルの「肉食大国」になるでしょう。

    P157
    理想の大便を作り出すには、ヨーグルトと食物繊維たっぷりの食事が有効です。「色」や「臭い」を良くするにはヨーグルトの善玉菌、「量」を増やすには食物繊維が必要なのです。
    P161
    とくに私がその威力に驚かされたことがあるのは、メカブです。あるとき、山ほどのメカブの入ったうどんを一度に2人前食べたのですが、その後で出た大便がすごかった。ニシキヘビかと思うような極太の大便が2本、スルスル!と出たのです。私の長い大便チェック歴の中でも、これは最高の出来映えでした。感動のあまり、写真に撮ってからトイレで流したほどです。

  • 借りたけど…目を通さず。
    これまでの辨野先生の本の内容と、そお変わらない。

  • 医療職してますが、とてもためになりました。
    便から健康状態を読む。とってもたいせつなんだなー。

  • 排泄物のお話、となると抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、読んでおいて損はない本です。
    便の状態から自分の健康状態を把握する考え方は良くありますが、なぜそういった状態のものが出るのか、どうしたらより良い状態に改善できるのか、そこをしっかり理解出来るので、正しいしくみに基づいた行動をとれるようになります。
    しかも、とっても分かりやすいです!
    ちょっとビジネス書やがっちりした自己啓発に疲れた時にオススメです。

全31件中 1 - 10件を表示

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)のその他の作品

辨野義己の作品

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)はこんな本です

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする