宇宙人の探し方 地球外知的生命探査の科学とロマン (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.92
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983281

作品紹介・あらすじ

この宇宙に、高度な文明を持った知的生命体、いわゆる「宇宙人」は存在するのか。人類永遠の謎は、いまやSFではなく現実の科学のテーマになった。それが、望遠鏡が受信する電磁波から宇宙人が発したと思われる信号を解析する「地球外知的生命探査」(SETI Search for Extra‐Terrestrial Intelligence)。「宇宙人はいるのか」という問いは、「私たちは特別な存在なのか」という人間存在そのものへの問いである。日本におけるSETIの第一人者が、その歴史的背景から最新動向まで、熱くわかりやすく語った待望の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  •  SETI(地球外知的生命探査)についてはよく言ってもせいぜいよくできたSFか、下手をすると○追なんとか系のアレと同列視されかねないが、実際には仮説に立脚した部分が多々あるとはいえ推論はいたって常識的なものであり、しかも近年確立されつつある「宇宙生物学」や系外惑星の研究などを中心にした天文学の発展は、SETIを理論的に裏付けつつある。
     とは言っても実際に宇宙人が見つかっているわけではないもんで、いまだSETI自体は可能性の活動ではあるわけではあるが、本書でも指摘している通り、SETIは失敗もまた成功といえる数少ない分野だし、いるんならいるであらかじめガイドラインを作っておくことには、それ自体で意義があることだろう。
    本書は第一線のSETI研究者によってSETIについての最新の動向を踏まえて書かれているわけだが、カール・セーガンの『コンタクト』は、本書を読んだ上でなおその知見を損なわない、否、むしろ本書で解説されている宇宙人からのメッセージ発見以降の流れを実に巧みにシミュレートしているといえるのではないだろうか。『コンタクト』後ほど再読したい。

  • SETI、すなわち地球外知的生命探査は、
    日本ではかなり認知度が低いと言わざるを得ません。
    研究に携わっている人が少ないのはもちろんですが、
    研究の現場にいる人が一般向けの著書を書かれていないのです。
    おそらく本書の著者である鳴沢さんくらいしかいないのではないでしょうか。

    そういった意味では貴重な本です。
    実際に世界のSETI研究者と関わり合い、
    一部ではリードしている著者ならではの本だと思います。
    ところどころ、もうちょっと丁寧に書いて欲しかったな、
    と思う箇所はありますが、
    歴史的経緯も含めてまとまった一冊です。

  • 先日、西はりま天文台に行きまして、巨大望遠鏡で天体観測を行ったのですがそこで解説してもらった方の本。やさしめのところから始まっているもののかなり専門的なとこまで進んでいき。科学的に宇宙人を探索していると言ってもなお十分胡散臭いけど、読めば他の学問分野同様に論理的な実験・観察を行っておるとのことで。未解明なところが多く、断言できることは少ないものの、その断言のできなさも含めて誠実に書いてある良書。
    あと、天体観測自体もそれはもう素晴らしかったので是非。

  • 面白かった。同じ著者の青少年向け書籍である『ぼくが宇宙人を探す理由』にくらべると、相当専門的につっこんで書いてあるので、全部を理解したとは言いがたいのだけれど、「むずかしいな」と感じるとすぐ補足説明が入るし、これはぜったいわからない、というところには「ここはわからなくても大丈夫」とさりげなくフォローが入っているし、人物や事物の固有名詞にはちゃんと前に出てきたページのクロスレファレンスが入っているし、とにかく親切に書かれているので、一度も置き去りにならずに最後まで楽しく読むことができた。やはり高校の先生をしていたという著者の経歴も大きいだろうし、編集者のサポートも当然あっただろうし、なによりも、一度すべてに対して自信喪失し、ひきこもりの苦しい時代を体験した経験が生きているのだろうと感じる。わからない人の、そのわからなさをわかってくれているような気がする。

    内容は、そもそも宇宙にはどれくらいたくさんの星があるのか、なぜSETIというものが始まったのか、著者がどういう経緯でかかわるようになったのか、電波SETI、光学SETIの違い、などなど。こうやってふりかえってみて、とてもまとめて書けるほど理解していないことにあらためて気づくんだけど、それでも世界中の天文台に声かけしてドロシー計画が立ちあがる経緯や、その実行の前後の話は、読んでいて胸が熱くなったし、じんときた。

  • SETIの歴史と現状が具体的によくわかった。観測データ量を統計的に考えると、そろそろ見つかってもよい頃との記述に期待が高まる。iETの痕跡探しに系外惑星の表面を調べるくだりがあるが、望遠鏡の性能的に現実味はあるのだろうか。

全6件中 1 - 6件を表示

宇宙人の探し方 地球外知的生命探査の科学とロマン (幻冬舎新書)のその他の作品

鳴沢真也の作品

宇宙人の探し方 地球外知的生命探査の科学とロマン (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする