人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.93
  • (14)
  • (16)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983595

作品紹介・あらすじ

医者は、どう死ぬのか。どう親の死を看取るのか。医療嫌いを徹底した著者の父が、87歳で果たした超絶オモロイ幸福死。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久坂部さんの死生観や医療感のルーツがわかりました。
    先手必敗、覚悟の大切さ。

  • 20180423読了
    2014年発行。とてもおもしろかった。
    第1章 先手必敗の父
    第2章 定年を指折り数えるぐうたら医者
    第3章 糖尿病、検査しなけりゃ怖くない
    第4章 足の指が腐って奇跡が
    第5章 前立腺がんに思わず「しめた!」
    第6章 死を受容してきらめく日常
    第7章 しかし、思い通りにいかない人の死
    第8章 回復して新たな試練が
    第9章 認知症も怖くない
    第10章 安らかな死にも多少の苦しみ
    第11章 我が家は“病院死ゼロ”家族
    第12章 平穏な死はむずかしくない

    ・P7 多くの人が医療に頼るのは不安のせい。しかし医療に頼らなくても、いくらでも安心して愉快に過ごせる。
    ・P98 高齢者の終末期における誤解 高齢者が食欲をなくすのは臓器に栄養を利用する力がなくなるから。飛行機が徐々に高度を下げていくのと同じで、徐々に下げるから静かに着陸できる。無理に食べ物を与えると胃腸の負担が増え、消化不良となり嘔吐するか未消化で排泄されるだけ。
    ・P162 認知症は自然の恵み 認知症は不安や恐怖を消してくれる。過酷な老いの現実に対して、自然が用意してくれたある種の恵みである。治したいとか元に戻したいという思いに執着している限り家族は苦しみ状況を悪化させる。ありのままを受け入れると家族の気持ちが穏やかになり患者に無理を求めなくなってストレスも減る。
    ・P118 努力すれば必ず報われるというのはウソ。ことに病気や老化現象はなるようにしかならないと肚をくくり、努力せず無理せず執着しない。だからよけいな煩いもないし無駄な苦悩を背負いこむこともない。
    ・P202 最後まで治療をあきらめないというのは、理念としては美しいが現実には害が多すぎる。人間らしい尊厳を保つためにはある種の達観と賢明さが必要。

    少欲知足(しょうよくちそく 足るを知れば心は満たされる)

    莫妄想(まくもうぞう 不安や心配は妄想だから、しなくてよい)

    無為自然(むいしぜん よけいなことはせず、自然に任せるのがよい)

  • 2017 9/30

  • 著者の父親を始めとして、いくつかの看取りの実例を示してくれるので、人の最期をどう過ごしてもらうかを考えるのによい。
    父君は何もしない主義の医師だったため、現在終末期医療で行われている処置の中で、何が必要で何が不要かを考え直すことができる。

    充分なデータがなしに著者の意見を書いている時は、その点を明記してくれるので、信頼できる。

  • 490.1

  • 超面白い。医者である父の医療嫌いエピソード満載。とっても勇気が出る本だと思う。
    死ぬってどういうことか、医療をどう利用するか考えさせられる。

    2016.8.16.

  • 「今の医療は不安と心配ばかり増やしている。」医者が言ってくれたのが嬉しい。「莫妄想」「少欲知足」。2015.4.12

  • 一人の人間の生き方としては、興味深いというか、面白い。
    人間というものは不思議だなぁ、と改めて思った。
    結局、いろんな知識を持って、リスクを考えて、自分の求めるものを選択することが大事。

  • 20150207

  • 490.1

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年大阪府生まれ。小説家・医師。大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部付属病院にて外科および麻酔科を研修。その後、大阪府立成人病センターで麻酔科、神戸掖済会病院で一般外科、在外公館で医務官として勤務。同人誌「VIKING」での活動を経て、『廃用身』(幻冬舎)で2003年に作家デビュー。近著に『介護士K』(KADOKAWA)、『老父よ、帰れ』(朝日新聞出版)『オカシナ記念病院』(KADOKAWA)などがある。

「2020年 『祝葬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久坂部羊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
米澤 穂信
百田尚樹
奥田 英朗
西 加奈子
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×