世界でいちばん石器時代に近い国パプアニューギニア (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983687

作品紹介・あらすじ

日本から飛行機で約6時間半、オーストラリアの少し北に位置するパプアニューギニアでは、現代人が想像もできない世界が繰り広げられている。たとえば黒魔術。2013年には20歳の若い母親が裸にされて火をつけられる「魔女焼き殺し事件」がニュースとなったが、復讐や呪いなどの呪術がいまだに存在している。一方で、お金として貝殻が使われていたり、親族の頭蓋骨に化粧を施して一緒に暮らしたり、祖先がカマキリだと信じている村もあるなど、思わず笑ってしまう文化も息づいている。日本人の常識が根底から覆されながらも、人間として大切なことに気づかせてくれる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ※ざっと読み
    ・パプアニューギニア内地には20世紀前まで旧石器時代だった。
    ・旧石器文化のひとびとが近代文明に初めて会うことを「ファーストコンタクト」と呼ぶ
    ・ファーストコンタクトでは、戸惑い、泣き叫び、呪いを疑う人もいる
    ・黒魔術文化も根強く残っている

  • これから開発で賑わいそうな国だけど、素朴な国民性が残ってるうちに行ってみたいなあ

全2件中 1 - 2件を表示

世界でいちばん石器時代に近い国パプアニューギニア (幻冬舎新書)のその他の作品

山口由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
清水 浩史
ジャレド・ダイア...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

世界でいちばん石器時代に近い国パプアニューギニア (幻冬舎新書)はこんな本です

ツイートする