なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.46
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983816

作品紹介・あらすじ

日本人の死に対する考えは不思議だ。生と死を厳密に分けず、つながっている感覚を持ち、死者への親近感や依存度が高い。その一方で「死は穢れ」という概念があり、葬儀後の「清め塩」や数字の「4」を避ける習慣がある。また、戦時中の神風特攻隊は、武士道が謳う死の美学を身をもって貫き敵国を驚かせた。元キリスト教徒のドイツ人禅僧が、日本と欧米社会を中心に比較しながら、曖昧な日本人の死生観と理想の死について考察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宗教観とは、なかなかにむずかしいものですが、
    しかしながら、外から見たものなので、かなり
    優しく書いてあるとン感じる

    仏教に死後の世界があいまいなのだということがよくわかった。
    人はみな、やさしくしたい。

    そういう人がほしいものが。
    前にも書いたが、人に愛されるよりも愛したい。

  • うーん。期待と全然違う。「なぜ」というタイトルつけないでほしい。

  • ドイツ人禅僧が語る日本の宗教と外国の宗教。

    宗教の入門書としては有意な本。
    第一章は日本の仏教概論
    第二章はキリスト教概論
    んで、あとは著者の死生観。死に方論、生き方論。

    文章は易しいし、まなざしも優しい。
    毎日の生活に行き詰っている人が読むのならよいでしょう。まさに新書って感じ。

    ただまあタイトルと本文の整合性もあまりなく、
    さまざまな宗教や生死の考察もそんなに深く立ち入るわけではないのでそのあたりが実に物足りない一冊。

    ただ、ドイツ人からみた日本、という意味では、他の宗教者のエッセイやコラムよりは新鮮な視点がありました。

  • 宗教に関する入門書として、なかなかよい本だと思います。

    著者はドイツ人で、曹洞宗の住職さんです。
    キリスト教やイスラム教、ユダヤ教の説明も交えながら、仏教について説明したり、もともとの仏教と日本の仏教を対比させたり、神道について説明したり、と、広く浅く、でも丁寧に各宗教について説明がなされています。

    個人的に面白いな、と思ったのは、「神道は気分を盛り上げる宗教、仏教は心を静める宗教」といったあたりの説明。
    確かに、お祭りや結婚式が神社で開催されることはあっても、お寺では開催されないですよね。
    逆に、葬式はお寺で行われますが、神社では行われないですよね。
    こういうことって、日本人は無意識で理解していると思うのですが、外国人の目を通してみると、意識化、客観化が的確になされると思います。

    ちなみに、タイトルの「なぜ日本人はご先祖様に祈るのか」に、あまり意味はありません。
    人間は、何かを祈りの対象とする生き物であり、キリスト教をはじめとする一神教は神に祈り、通常の仏教では仏に祈り、日本人は先祖に祈る、ということです。
    また、祈りの対象は、「自分を作ったもの」となるのが一般的なようです。
    そう考えると、日本人が先祖に祈るのは、至極まっとうな気がします。

    なお、この本にも書かれて言いますが、仏教は、葬式を上げるための宗教ではありません。
    日本では、江戸時代にお寺が葬式を引き受けるようになったため、そのまま続いていますが、仏教は、よりよく生きるための宗教です(というか、宗教はそもそもそういうためのものですし)。

  • 仏教とキリスト教の比較ということがメイン。
    そのほかの精神的基盤はほとんど考慮されていないので、タイトルから期待すると、ちょっと残念な内容。

  • 日本人の死生観、特に先祖を拝むとか、遺体を大切に思うとか、これは他国とかなり異なる様子。宗教からも他国死体への執着はないのか、輪廻転生のインド、49日で生まれ変わる。
    この本では、ドイツ人で禅宗僧侶という著者の視点から、日本人の死生観と宗教、仏教だけでは説明できない日本的なところを説明。そのあと、キリスト教他の宗教から見た死生観を。禅から考えた、死や生、手放すということ、そういったところが書かれていて、読みやすい。面白い。

全7件中 1 - 7件を表示

なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観 (幻冬舎新書)のその他の作品

ネルケ無方の作品

ツイートする