人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.89
  • (269)
  • (425)
  • (254)
  • (43)
  • (13)
本棚登録 : 3861
感想 : 410
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983922

作品紹介・あらすじ

教養とは人生における面白いことを増やすためのツールであるとともに、グローバル化したビジネス社会を生き抜くための最強の武器である。その核になるのは、「広く、ある程度深い知識」と、腑に落ちるまで考え抜く力。そのような本物の教養はどうしたら身につけられるのか。六十歳にして戦後初の独立系生保を開業した起業家であり、ビジネス界きっての教養人でもある著者が、読書・人との出会い・旅・語学・情報収集・思考法等々、知的生産の方法のすべてを明かす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 簡潔に、とても分かりやすく書かれている。

    特にグローバルな視点から見た教養の話が面白かった。
    アメリカに住んでいたことがあるが、1番困ったことは英語が話せないことよりも、話す内容がない(教養がないこと)だった。そういった私の体験からもすごく腑に落ちる内容だった。

    子育てにもとても参考になる本だと思う。


    ほかの著書も読んでみたい。

  • 1年のうち、労働時間は残業含めて約2000時間、残りは8760時間。実に労働時間は約2割。仕事以外のところの生き方をどう生きるかが自分にとっては大事。教養は人生を楽しむツールとなる。様々なことに興味を持つことは、自分の頭で考えることにもつながる。

  • 面白かった。本書はライフネット生命保険株式会社の代表取締役兼CEOの出口治明さんにより書かれている。三重生まれで京都大学法学部卒、ロンドンで働いた経験があるという。やはり外国に居住して揉まれた人は一味違う。書評を書き始めた出口氏は、なんと私の大好きな成毛眞氏よりお声掛けがあったという。類は友を呼ぶというが、2人はうまく気が合いそうだ。出口氏は本書中数字をよく引用し、分かりやすく話を進めてくれる。ただ、あまり一般的ではない比喩を用いることが多々ある。しかしこれも勉強になった。

    以下、本書よりお気に入りの言葉たちを引用。
    「修飾語を取り除いて考える。国語ではなく算数で考える。」

    「今更遅いはサボるための言い訳、今の自分が一番若いのだから、今夜すぐに挑戦すればいい。」

    キケロ「自分が生まれる前のことについて無知でいることは、ずっと子どものままでいることだ。」

    「北欧では選挙について、以下のように教える。「もし、あなたが有力候補を支持するのであれば、三つの方法がある。すなわち、有力候補の名前を書いて投票するか、白紙で投票するか、棄権するかのどれかである。逆に有力候補を支持しないのであれば、あなたには一つの方法しかない。すなわち投票に行って別の候補者の名前を書くしかない。」

    「時事問題は、本音は何か、動機は何かで読み解ける。動機あるいは結果的に得をするのは誰かを常に考えるクセをつけることが大切。もう一つは、本音のところでどういう動機なのかという見方をすれば、読み間違えることが少なくなる。」

  • この本で、世間のフィルターを通した情報を鵜呑みにしていることに気付きました。

    たくさんの知識に触れ、あらゆるものの情報について詳しくなると、ひとつの物事に対する見方が無数に広がり、偏見という名の思慮の浅さが抜けてきて、垢抜けてきます。

    やると決めたことは、例外なくとことん向き合っていこうと思いました。

  • 「数字・ファクト・ロジック」「人・本・旅」「タテ・ヨコ」など、シンプルで本質を突いた言葉が多く、語り口も分かりやすく、自分の頭で考えること、鵜呑みにしないことを守備一貫して述べている。

  • 知識=教養ではなく、知識はあくまで教養を得るための手段である。
    教養とは面白さの源であり、ボキャブラリー(引き出し)である。
    つまり教養があるとは、ボキャブラリーが豊富であることをいう。
    そして、その核となるものは得た知識を「腑に落ちる」まで考え抜く力である。
    その考え抜く力を身につけるにはどうしたら良いのかについて詳しく説明がされている。
    歴史や古典を学ぶことは社会人として必要不可欠であると実感した。

  • とても私と考え方のタイプが似てると感じた
    本、人、旅、
    この三つを軸に進んできた彼のお話しはどれも納得がいき、刺激になった。
    私との違いは、それぞれをどれだけ極めてきたかということ。
    本を月に10冊は読み、その読んだ本のジャンルも世界の名作から歴史書まで本当に様々。
    人に関しても、自分とっての面白いをしっかりと判断していて人付き合いが上手だ。(その人付き合いが上手くいく鍵は本や旅から得た広い見聞)
    旅に関しては、美術鑑賞が好きで70カ国を回ったのだとか。
    どれも、私の憧れる人物像

    そして、とっても合理主義者
    型にハマった日本の形式的な仕事の仕方(会議、スケジュール調整の方法)ではなく従業員が自由によりよく働ける環境にすることを第一に考えている。
    この人の元で働きたいと思った。

    本を読んで、まだまだ私には英語力も教養も足りないと感じた。日本の大学生は世界一勉強しないと言われているが、勉強するための環境は整っている。
    中国の学生の例が挙げられていたが、本当に彼らみたいな学生が増えれば日本の経済も少しはマシになる思う。
    学べる環境に感謝して貪欲に、学びたい。

  • 生命保険会社の読書マニアCEOが、人生は「数字・ファクト・ロジックによって自分で考える」という「本物の教養」を身につけると楽しい人生になると提言した書

  • 自分の頭で考えることの大切さを教えてもらったほん。もっと早くこの本に出会いたかった。とはいえ本書のなかでも、いつからでも遅いと言うことはない、今から学べばいい、と書いてある通り、これから少しずつ教養を付けていきたいと思う。

  • ビジネスエリートになるには教養が必要である、と教えられる本。
    大学生のうちに読むといいかも知れない。
    私はビジネスエリートになりたいわけではなかったけれど、本質的なことが書かれていてとても勉強になった。
    (持ち家を買うのがいいというモデルは、高度経済成長を前提としているので今は借家でいいなど)

全410件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

立命館アジア太平洋大学学長
1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険株式会社に社名を変更、生命保険業免許を取得。2018年1月より現職。

「2022年 『戦争と外交の世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出口治明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×