ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)

著者 : 東浩紀 大山顕
  • 幻冬舎 (2016年1月29日発売)
3.88
  • (15)
  • (20)
  • (11)
  • (2)
  • (2)
  • 191人登録
  • 28レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984042

作品紹介

地方や郊外に乱立するショッピングモールは、これまで地元商店街の敵であり、コミュニティ荒廃の象徴とされてきた。しかし、果たしてそうだろうか?実際は、小さな子どものいる家族や高齢者にも優しい公共空間としての役割を担っている。それは日本だけではない。世界の都市部でも、政治や文化や宗教や階層が異なっても、誰もが同質のサービスを受けられるショッピングモールが、理想の街の姿とされる。差異と格差が進む今こそ、均一であることの価値を見直すべきではないか。ショッピングモールを出発点に、変貌する人間の欲望と社会の見取り図を描く。

ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モールに行くとなんとなくワクワクしてしまう方だが、この本でさらに好きになった。

    モールは内装で吹き抜けが大事であること、エスカレーターでフロアの概念を無効化、利用者はさまざまな階層が混ざっているなどなど。旅先でのモール利用時の安心感を再認識できた。
    空港とモールとの対比、地下街との相違なども興味深い。

    対談で構成されていて、その場に参加しているような感覚となり、読後楽しい余韻にひたれた。
    大山さんの「わあ素敵」を聞いてみたい!
    外国のモールめぐり旅行もしてみたい。

  • ショッピングモールにおける吹き抜け構造の役割を教えてくれた本。散策が楽しめるような(回遊性のある)昔ながらの市場が経済的・建築規制的(建替が難しい)によって失われていく一方なのに対し、それに擬態した空間を一つの建物の中に構成してしまうモールは、一つの都市と呼べるのではないか。

  • ショッピングモールがなぜ日本で発展してきたか、そして海外でのモールとの違い、モールあり方が会話形式で議論されているのが面白かった。
    モールを語る上でまちづくりの仕組みやストリートの生い立ちなど、広い視点で考えるやり方がよかったです。

  • ショッピングモールをただの人工物と捉えず、そこにどう哲学的な深さを見出すか。本書では結論が出ていないが、どこか可能性を感じる。

  • ショッピングモール推奨の本だと思いますが、内容はとてもわかりにくく読み辛かったです。確かにショッピングモールは便利だと思いますが、それだけになると味気ない気がします。車が必要なところが多いと思いますし。個人商店との共栄は難しいのでしょうね・・・。

  • ショッピングモールから考えると都市設計理論の対談本。

    ショッピングモールやテーマパークについて、新しい知見を与えてくれた。

  • ショッピングモールに対しては、街の温もりを奪ったという印象があり、否定的なイメージを持っていた。
    そのモールを都市工学の見地から解釈を加えてくれた1冊だが、新しい見方をインプットしてくれる面白い内容だった

  • 2016.10.13 モールには外部は無いとか、モール性気候とか、イスラム起源説とか、行け行けでとても面白かったが、途中で終わってしまった感じ。本文中にも次がある(たぶん)と書いてあったが、是非続きが読んでみたい。

  • ショッピングモールへの印象が大きく変わった。私も子どもが生まれると、変わるんだろうか。

  • 日本の至るところに乱立する、ショッピングモールほど、見る人の捉え方で760度ぐらい? 変わる空間も無い。利便性の極致から、地域文化を破壊する資本主義の悪の象徴まで…。私も地方に旅行したさいに地方ならではのお店にシャッターが降ろされ、チェーン店オンリーのショッピングモールの巨大な駐車場が立錘の余地なく埋まっている状況を見て毒づいていた口である。

    しかし、田舎の母やら他の人と話すと、ショッピングモールを楽しんでいて、不満を感じていない。そういえば東京には典型的なショッピングモールはほとんど無い。地方のシャッター街への嘆きとショッピングモール批判は実は東京人から見た一面的なものかもしれん…と考えたこともある。
     本書は日本を代表する現代批評家と言っていい東浩紀氏と、工場や団地など「資本主義の悪」として批判の対象としか捉えられてなかった戦後に生まれた様々な空間を、別の視点からユニークで美しいものとして紹介し続けている大山顕氏が縦横に語りまくる愉しい本だ。
    ショッピングモールは現代文明批評のテーマとして決して重箱の隅をつつくような小テーマではなく、人の属性や階層や世代、地域性、消費、空間など現代の様々な問題を包括する一大批評テーマであることを実感する。ひょっとしたら農業問題より大きなテーマかもしれない、少なくとも林業問題よりは大テーマだろう!?。こんなところにこの目の付け方と笑ってしまう箇所も多くあり、ショッピングモールを訪れる際の楽しみができた。強いて言えばもっと深堀り感が欲しい部分もあったが、それは今後の著作での仕事か。

全28件中 1 - 10件を表示

東浩紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)はこんな本です

ショッピングモールから考える ユートピア・バックヤード・未来都市 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする