モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
3.55
  • (11)
  • (31)
  • (41)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :335
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984448

作品紹介・あらすじ

印象派といえばルノワール、ゴッホ、セザンヌ。常に破格の高値で取引されるようになった彼らも、かつてはフランスアカデミーの反逆児だった。その嚆矢ともいうべき画家が、クロード・モネ(一八四〇〜一九二六)である。"印象‐日の出"(一八七三年作)が「印象のままに描いた落書き」と酷評されたのが「印象派」のはじまりだ。風景の一部を切り取る構図、筆跡を残す絵筆の使い方、モチーフの極端な抽象化、見る者を絵に没入させる魔術をモネはいかにして手に入れたのか?アート小説の旗手がモネのミステリアスな人生と印象派の潮流を徹底解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原田マハさんのアートを題材にした小説を読むようになって、美術館に行くのが前よりも楽しくなりました。
    特に印象派についてもっと知りたかったので、本書をチョイス。
    著者が語りかけてくれるようで親しみやすいと思っていたら、講演会を1冊にまとめたものでした。

    印象派の作品には日本美術の影響を受けているものあるということで、日本人の好みに合っているのだそう。
    日本美術をヨーロッパに広めた林忠正という人物が気になりました。
    彼を題材にした『たゆたえども沈まず』、読んでみようと思います。

    モネが展示方法を細部までこだわったという、オランジュリー美術館の大睡蓮画、もしもフランスに行くチャンスが訪れたなら、絶対に行ってみたい!

    1つだけ残念だったのは全編モノクロ印刷だったこと。
    新書という形態ゆえ仕方ないのかもしれませんが、掲載されたたくさんの絵画や写真をカラーで見たかった···!

  • 印象派、とりわけクロード・モネは日本で展覧会が開かれるたびに大盛況になる画家だ。
    そのためか、著者の『ジヴェルニーの食卓』もまた人気だったようだ。
    本書は著者の展覧会での講演をまとめたもので、実際に絵を見ながらであれば、モネの作品がより身近に、より美しく見えたことだろう。

    掲載された中でカラーは口絵の二点のみ。
    それが本書の唯一残念な点だ。
    特にマネの<オランピア>では脇に書かれていた黒人女性が白黒印刷のために背景に紛れ、潰れてしまっている。
    印刷上の問題はある程度許容しなければならない点ではあるが、これはもう少し工夫して欲しかった。
    しかしたくさんの絵が収められているので、その点においては楽しかった。

    モネのあしあと案内はこれからアート巡りをする人にとってはとても役に立つはずだ。
    フランスのオランジュリー博物館なんて難易度が高すぎるよ!だって?
    いやいや、都内でも、十分楽しめる。
    世界遺産にもなった国立西洋博物館、ブリヂストン美術館、サントリー美術館など、思ったより近くにモネはいる。
    著者も言うように先人たちの先見の明には恐れ入る。
    一方で影響を与えた浮世絵が多数流出してしまったことは本当に残念なことだ。

    印象派。
    遠い国の、異なる文化がともに認め合い、惹かれ合う美しさ。
    そこに宿る「何か」は、私たちの心をこれまでも、これからもふるわせ続けている。

  • 非常に分かりやすく、また原田先生の優しい雰囲気が伝わってきました。入門書として本書を読むのは最適なんじゃなかろうかと思います。
    読みながら過去に、印象・日の出に対峙した時や睡蓮に囲まれた時の感動を思い出しました。
    やはりモネは好きです。
    ジヴェルニーの食卓はやく読まなくちゃ。

  • 原田マハさんのモネ愛を物凄く感じる一冊だった。モネの絵に対する思い風景であっても同じ時はない。生きてる風景画を描いていたのだなぁーと知り、いつまでも見ていたい思いにさせられてるのだと思う。アカデミーと印象派の違いも具体的に知って良かった。

  • 著者の芸術に対する熱意が伝わってくる。
    新しい知見はあまり得られないが、小説家として愛すべき人であることは十二分に分かった。

  • 「印象派」なんてミーハーな。と思っていたのは僕だけではなかったようです。笑

    アート小説の第一人者、原田マハさんも昔はそう思っていたそうです。でも、ある作品との出会いがその想いを一変させたそうです。そう、「モネ」。

    何で日本人が印象派が好きで、バブル期にあんなに買い込んだのか?印象派と日本美術に意外な接点にその答えが!その答えとは「浮世絵」。だから、日本人は「印象派」が好きなんだな。

    事例として登場する絵の写真(モノクロ)がふんだんに盛り込まれているので、イメージもわきやすくてグー!

  • この本を読んでマハさんの色々な本を読みたいと思った。

  • 原田マハさんから見た、モネとゴッホの足跡。
    マハさんの美術系の小説が好きなので、マハさんから見た、絵画そのものに対して書いた本書も興味深かった。

  • あなたには好きな画家がいるだろうか?
    本書は好きな画家を持つことがいかに幸せなことかを教えてくれる。

    原田マハさんは、元々アートの世界に身を置いていた作家である。アートを仕事にしていたときと比べると、肩肘張らずにアートに向き合えるようになったという。

    楽しいアートエッセイというのが本書の印象であるが、生業から離れたからこそ、書けたものなのかもしれない。

    本作の中で取り上げられるのは、印象派を代表する画家、モネモネの作品をはじめ様々な画家の作品を取り上げながら、その魅力を語っていく。

    印象派の絵画がなぜここまで日本人を含め多くの人を魅了するのか?
    その疑問にも答えてくれる1冊となるかもしれない。

    私が読んでいて一番感銘を受けたのは、「妄想のストック」という彼女の言葉だ。

    この妄想のストックは現存する画家足跡を辿りながら彼女の中に蓄えられている。

    本当に手持ち無沙汰な状態で妄想を行うことは並大抵のことではない。

    やはり何かきっかけになるもの=メディア(媒介)があるからこそ、思いをめぐらせることができるのだろう。

    それが、心をひきつける絵画であれば、妄想の営みは貴重で豊かなものとなるはずだ。

    じっくり思いを巡らせ、イメージを膨らませる。さらには、画家が関わった土地に足を運び、歴史的な背景も知る。

    贅沢な大人の遊びといえるだろう。

  • 山崎山荘美術館に、睡蓮を観に行ったのですが、
    日本風太鼓橋の方が印象に残りました。

全33件中 1 - 10件を表示

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)のその他の作品

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)はこんな本です

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする